国内

99.9シーズン2(松本潤ドラマ2期)第2話のあらすじと感想

更新日:

2018年1月21日21時よりTBSで松本潤主演の人気シリーズドラマ続編『99.9 刑事専門弁護士 シーズン2』第2話が放送されました!

見どころたっぷりの2話でしたが、後から振り返りたいという方も多いと思います。

ここでは松本潤主演の続編ドラマ『99.9 刑事専門弁護士 シーズン2』第2話のあらすじや見どころをまとめましたので、あわせて参考にしてみてください。

ドラマ『99.9シーズン2』の第1話のあらすじ内容

まずドラマ『99.9シーズン2』第1話のあらすじのネタバレで、内容を振り返っていきましょう。

刑事事件専門の弁護士、深山(松本潤)が所属する斑目法律事務所に依頼が舞い込んでくる。

殺人事件の加害者とされている鈴木の娘である加代から、父親の無実を証明してほしいとの依頼だ。

鈴木が借金をしていた会社の社長が殺害され、その容疑者として逮捕・起訴されていた。

有罪になる確率は99.9%。

加代の付添いとして来ていた元裁判官の尾崎(木村文乃)は深山に情状酌量を求めた。

一時的に一緒に事件を追うことになった深山と尾崎。

真実を納得がいくまでとことん追求する深山は裁判当日までにあらゆる検証や証拠を集め無事鈴木の無実を証明したのであった。

続編『99.9シーズン2』第2話のあらすじと見どころ・感想

続編『99.9 刑事専門弁護士シーズン2』第2話のあらすじと見どころを紹介していきます!

『99.9 刑事専門弁護士』2期の第2話あらすじ

深山(松本潤)は、美由紀(野々すみ花)から連絡を受けて、故郷の金沢を訪れていた。美由紀は、26年前に、深山の父親・大介(首藤康之)が逮捕された殺人事件の被害者・美里の妹だった。美由紀が深山に渡したのは見覚えのない水晶の遺留品。
当時、事件現場に落ちていて、美里の遺留品として警察から母親に返されていた。しかし、それは美里のものでもなく、大介のものでもなかった。そうだとすると、現場に第三者がいたという新たな証拠なのか…。

その遺留品をもとに、深山はもう一度26年前の事件に隠された0.1%の事実を追い求める。そして、それは大介の事件の担当検事だった宿敵・大友検事正(奥田瑛二)との対決も意味していた。

そんな中、金沢地方検察庁には、以前、深山が担当した事件の検察官だった丸川貴久(青木崇高)が人事異動で赴任していた。深山は丸川に調査の協力を仰ぐのだが…。

一方、舞子(木村文乃)は、斑目法律事務所の所長・斑目春彦(岸部一徳)から打診を受け、事件の調査に加わることになり金沢へ向かう。

そして、家族で休暇中だった佐田(香川照之)も、斑目の策略で金沢に向かうことになる。

果たして、26年前の父親の無実は証明できるのか!26年目に解き明かされる驚愕の事実とは!?

『99.9シーズン2』第2話の展開予想や見どころ・感想

女性・30代

1話の終わりに、26年前に殺人事件容疑者として逮捕された深山の父親・大介のものだと思われる水晶を、被害者の妹が深山に手渡していました。

しかし、これは大介のものではありません。

この水晶が当時の事件の真相を暴くヒントになるということを予感させます。

どう暴いていくのかとても気になるところですね。

また、今回から新しく出演の元弁護士の舞子(木村文乃さん)が深山と関わっていくことでどう変化していくのかも見どころだと思います。

事務員の中塚(馬場園さん)も魅力的で一緒に働きたくなるタイプ。事務所のメンバーも楽しい人たちばかりなのでみんなでワイワイ楽しそうなシーンもたくさん見たいです。

女性・50代

第一話は第二話を想像させる終わり方で、とても気になります。

深山翔大の過去を巡るストーリー。

そこには思いがけない展開が待っているのだろうと予測します。

赤の他人の依頼ではなく自分自身に関わる事。

深山翔大がどこまで冷静に真実を追ってゆくのか。

そしてそこにはどんな真実が待ち受けているのか。

新しく加わった木村文乃さん演じる尾崎舞子の反応や香川照之さん演じる佐田篤弘の関わり方も大いに楽しみです。

深山翔大の故郷である金沢が舞台となり、美しい金沢の景色と共に展開される26年前の父の事件。

第二話は絶対に見逃せません。

女性・20代

今まで、深山のお父さんの事件を深く追求していなかったけど、第2話では、どんな風に分かっていくのか楽しみです。

傘ではない、見覚えのないストラップがみつかり、父親ではないと確信に変わる瞬間。

犯人が別にいると考えて、深山は1から捜査していくと思う。

何もしてない罪で問わられた父親の無念を晴らすために頑張って周りも巻きこみながら少しずつ発展していくと思います。

2話も、目が離せないところが沢山あるのでどんな展開になるのかとても楽しみです。

事件解決の1歩につながる大事な回になると思っています。

深山のダジャレも楽しみです。

女性・40代

1話の最後で登場した尾崎の上司の川上がずっと関連して出てきそうで最後は対決することになるんだろうなと思いました。2話目は1話目ででてきた深山の父の事件に関して2年前のことを掘りおこす内容になるようでした。

現場に落ちていたという水晶玉のような遺留品を深山の父に殺されたとされている女の子の自宅に呼ばれ返された時に父親のものではないと気づいた深山がまた真相に近づこうとする内容でした。

シーズン1でもチラチラ出てきていた父 深山の父の冤罪がこんなに早く取り上げられるということは早めに解決するのかもしれないとちょっと期待があります。

そして流石に今回は大好きな再現は難しいんだろうなぁと思ってますが少し期待してます。

女性・20代

次回からも小ネタがたくさん散りばめられていると思うので、見逃せないです。

また深山の過去、木村文乃の過去にも徐々に触れていくと思うので、その謎が解明されるのも楽しみです。

シーズン1にもあった、ダジャレは、シーズン2でも健在で、「いただきマングース」などもあったので、たくさんこれからもそういうダジャレを楽しみにしています。

ダジャレや親父ギャグを言った時に、周りはしらけているのに、深山と佐田だけ笑っている部分もとても好きなので、これからも楽しみです。

佐藤勝利の役どころがあまりわからないので、どういう関係があるのかがとても気になります。

女性・10代

最後に、深山の父の事件の新しい証拠品を被害者の遺族から深山が受け取っていましたが、この証拠品が父のものではないとすれば誰のものなのか、深山が仮にどう考えるのかが気になります。

最もポイントとなるのは裁判の前に元裁判官の女性が思い出していた過去の審理についてですが、元裁判官の女性の過去に深山が首を突っ込もうとする展開を予想します。

彼女が裁判官をしていたときに有罪判決を言い渡した被告人は少年のように見えていたので、もしかしたら担当弁護士が検察官のロジックを覆せたら違う判決が下せたかもしれないと思い、裁判官をやめていたのならば深山がその過去の事件について協力しそうな予感がします。

『99.9』シーズン2第2話まとめ

今回はドラマ『99.9-刑事専門弁護士-』シーズン2の第2話のあらすじをお届けしました!

関連記事:『99.9 刑事専門弁護士』シーズン1の情報

紹介している作品の配信情報は記事更新日時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式サイトにてご確認ください。

-国内

Copyright© VOD-NOTE , 2019 All Rights Reserved.