映画

亜人|映画の動画フルを無料視聴する方法と実写版キャスト・評価まとめ

更新日:

映画「亜人」

2012年より「桜井画門」がgood!アフタヌーンへ掲載している人気漫画『亜人』が2017年秋に実写映画として全国で公開されました。

 

『亜人』は2012年から連載が開始し、その重厚な世界観とストーリーから人気を博し、2015年から2016年にかけて劇場三部作としてアニメ映画化、続けて2016年にはテレビアニメ化、更に2017年には実写映画化発表と、幾度もメディアミックス展開された作品です。

そんな人気作品である『亜人』が2017年に実写化するということで、情報公開と同時に漫画やアニメからのファン、役者のファンなどが当時強い興味を持っていました。

 

主人公の「永井圭」は今や人気俳優の「佐藤健」が、主人公の最大の敵「佐藤」を同じく人気俳優である「綾野剛」が演じます。

その他にも城田優、千葉雄大などの人気俳優や女優が多数出演し、『亜人』の世界を彩っています。

 

今回はそんな実写版映画『亜人』前編のフル動画を動画配信サービスで無料視聴する方法を中心に、あらすじやキャスト、主題歌、評価・感想など作品情報までまとめて紹介していきます。

実写化版の映画「亜人」のフル動画を無料視聴する方法

結論から言えば、実写化版の映画「亜人」のフル動画を無料視聴するなら、一番オススメできる方法は公式の動画配信サービス『U-NEXT』を利用する方法になります。

U-NEXT

U-NEXTの詳細説明はこちら

実写版映画「亜人」の動画を配信するVOD

そもそも国内にある主要な公式のVOD(ビデオオンデマンド)サービスにおける映画「亜人」の配信状況は以下の通りとなっています。

動画配信サービス名 亜人の配信状況
U-NEXT
FODプレミアム
ビデオマーケット
dTV
Amazonプライムビデオ
Hulu ×

サービス名をクリックすると各動画配信サービスの公式サイトが見れます。配信状況は随時変わる場合もございますので、詳細は各サービスの公式サイトにてご確認ください。

映画「亜人」を配信する動画配信サービスのうち、フル動画の無料視聴が可能となっているのが

これら3つになります。

このうちオススメは、「U-NEXT」を利用して亜人を視聴する方法になります。

映画「亜人」を見るのにU-NEXTがおすすめの理由

映画「亜人」を見るのに、なぜU-NEXTを利用するのがおすすめなのかというと、

  • 実写化版の映画「亜人」が登録時に貰える600ポイントですぐに無料視聴可能
  • 他にも多数の動画が合わせて見放題

となっているからです。

U-NEXTとは、配信本数12万本以上という国内最大級の動画配信サービス。

  • 月額料金:1990円
  • 無料お試し期間:31日間
  • ドラマ・映画・アニメ・バラエティ・電子書籍・アダルト
  • 登録時に600円分のポイントが無料で貰える

<U-NEXTで配信中の作品例>

 

前提として、映画「亜人」は視聴にポイントが必要な作品となっています。

FODプレミアムの場合、無料視聴は可能なのですが、登録時に配布されるポイントだけでは映画「亜人」の無料視聴に必要なポイントに達しません。

毎月8のつく日に無料で配布される400ポイントを受け取ってから無料視聴可能になりますので、今すぐに映画「亜人」が無料視聴できない場合があります。

 

ビデオマーケットの場合は、登録時に540ポイント無料でもらえるので、すぐに映画「亜人」が無料視聴できますが、ほとんどの作品が視聴にポイントを必要としているため、他の動画も無料で楽しみたい場合は不向きです。

 

よって、映画「亜人」+単純に色々な動画を楽しみたいという人には、U-NEXTがおすすめとなっています。

U-NEXTで「亜人」を無料視聴するには?

映画「亜人」を無料視聴するには、U-NEXTの「31日間無料お試し」を利用することで視聴できます。

U-NEXTは通常月額1990円の料金がかかるサービスですが、それが今なら登録から31日間に渡って完全に無料で利用することが可能となっているのです!

 

そして31日間の無料お試しを利用してみて、不要になった際には無料期間内に解約することで、一切の料金がかからずにサービスを利用することができるのです。

さらにU-NEXTでは登録時に600円分のポイントが無料で貰えます。

映画「亜人」に関しては、最新作ということで540ポイントが必要なのですが、それが登録時のポイントでそのまま無料で見れるというわけです。

 

あとは、『亜人』の無料視聴したいという人は、無料期間中に解約してしまえばOKとなります。

もちろん使ってみて気に入れば、そのまま継続するのもOK。

公式の動画配信サービスなので、

  • 高画質・高音質
  • ストレスなくサクサク動画が見れる
  • 広告の表示も一切ない

と快適な環境で動画が楽しめるのも大きなメリットとなっています。

↓U-NEXTは初回31日間は無料↓

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません。

U-NEXTで「亜人」視聴までの手順

まずはU-NEXT公式サイトに、以下の流れで「亜人」の無料視聴ができます。

  1. U-NEXTの公式サイトにアクセス
  2. 「31日間無料体験」に登録
  3. 登録時の600ポイントを使用して映画『亜人』をそのまま視聴する

3分程度で登録は完了しますので、すぐにでも視聴開始できます。

登録方法については下記記事にて画像付きで詳しく解説していますので、あわせて参考にしてみてください。

関連記事

U-NEXTの登録方法

他の動画・原作漫画も楽しみたいならFODもおすすめ

ただ他の動画も楽しみたいなら動画配信サービスとして、フジテレビが運営する「FODプレミアム」もおすすめです。

無料期間中に貰えるポイントで映画「亜人」を無料視聴することもできますし、その他にも多数の動画が視聴することができます。

特にフジテレビが運営する動画配信サービスということで、

  • 昼顔
  • コードブルー
  • テラスハウス
  • ワンピース
  • etc...

といったフジテレビ系の作品が見放題で見れますので、かなり楽しめますよ。
(その他、配信作品は「FOD公式サイト」で確認できます。)

なので、たくさんの動画を楽しみたい場合は、FODを利用して視聴するのもおすすめです。

ちなみに、FODでは無料期間中に貰えるポイントが1300ポイントと多いので、亜人の原作漫画まで無料で読むことができますよ。

↓FODプレミアムは初回31日間は無料↓

※FODは31日以内に解約すればお金は一切かかりません。

実写化もされた大人気作品『亜人』とは?

2017年に実写映画が放映された『亜人』。

漫画作品であるが故に、あまり知らない方も多いと思われます。

以下、作品情報をまとめてみましたので、視聴の参考や基本情報の把握などにお役立てください。

原作は「桜井画門」による漫画作品

『亜人』は「桜井画門」によって製作された漫画作品です。

掲載誌は青年漫画誌の「good!アフタヌーン」で、2015年から2016年にかけて劇場三部作でアニメ化、更には2016年より2クールでテレビアニメ化されました。

現在でも漫画は連載が続いているため、アニメ作品はどれも漫画の進行状況までの部分しか描かれておらず、完結には至っていない状況です。

 

メディアミックス展開が広く、実写映画を見た後でも原作に触れることは容易ですが、先の展開に触れたい場合は漫画作品を見るしかないということです。

そのため、もし時間があって『亜人』の世界に更に触れたい場合は、漫画作品を閲覧することをおススメします。

ただし、実写版と原作では設定が大きく違う部分が多数あります。

原作とアニメ版は設定がほぼ共通しているため、実写版との設定の差異が気になる方にはおススメが出来ません。

実写版『亜人』のあらすじ

17年前、アフリカの戦争地帯にて、決して死ぬことが無い生物が現れた。

その生物は「亜人」と名付けられ、世間の注目を集めたが、不死身であること以外は普通の人間であった。

そのため、亜人への注目は止み、その存在は世間の中に溶け込んでいった。

しかし、人々の根底には亜人への恐怖や差別意識が根付いている上、亜人が持つ「死なない」という特殊能力、更には死なない以外は人間とほぼ同等であるが故に実験体として重宝された。

希少種である亜人は、自らを亜人ではないと偽って生活することが余儀なくされた。

 

時は流れて17年後、26歳の研修医「永井圭」(佐藤健)は、トラックに轢かれて死んでしまう。

しかし、彼の死に絶えた筈の肉体はその場であっという間に復活を遂げ、何事も無かったかのように動き出す。

そこで、永井圭は自らが希少種であり、人ならざる存在である「亜人」であることを知った。

 

「亜人」は希少であること、死なないこと、そして「人ではない」と思われていることから、実験体として使用するために、捕獲したものには莫大な懸賞金がかかっている。

それはたった今亜人であると証明された人間も例外ではなく、事故の瞬間を多数の人間に目撃されてしまった圭も、普通の生活から一転して逃亡者となった。

そんな圭を助けたのは、彼と同じ亜人である、「帽子」こと「佐藤」(綾野剛)。

 

佐藤は亜人のためでも、自らの復讐のためにでもなく、ゲーム感覚で人類の大量虐殺を計画し、圭に対してその計画に乗ることを求める。

しかし、圭は佐藤の立てた計画を否定し、佐藤と対立することを選んだ。

だが、圭が佐藤を討伐すると決めた理由も、世界平和や誰かを守るためなどという「綺麗」なものではなかった。

 

そして、政府と亜人と亜人の三すくみでぶつかる互いの思想。

利己的な理由と思考の下で振るわれる「亜人」の第二の力。

「不死身の怪物」と「不死身の怪物」、終わることのない戦いの結末とは如何に。

(続きは「U-NEXT」、「FOD」でお楽しみいただけます。)

実写版の映画主題歌は「THE ORAL CIGARETTS」の「BLACK MEMORY」

実写版『亜人』の主題歌は日本のロックバンド「THE ORAL CIGARETTS」が歌唱する「BLACK MEMORY」です。

『亜人』のハードで重厚な世界観に似合う、激しいロックサウンドと歌詞を持った楽曲で、『亜人』の世界観を更に深めていってくれます。

主人公の思考と共感できるような部分もありますので、映画を見た後でもう一度歌詞を見ながら聞いて頂ければ、更に楽曲を楽しむことが出来ます。

是非、映画を見る前に一回、見た後にでも一回、聞いてみてください。

実写映画『亜人』の主なスタッフ

  • 監督:本広克行(代表作:踊る大捜査線シリーズ、PSYCHO-PASSシリーズなど)
  • 脚本:瀬古浩司、山浦雅大
  • 音楽:菅野祐悟(代表作:ウチの夫は仕事ができない、PSYCHO-PASSシリーズなど)
  • 製作:市川南(代表作:エイトレンジャー2、実写版ちはやふるなど)
  • エグゼクティブプロデューサー:山内章弘(代表作:TRICKシリーズ、シン・ゴジラなど)
  • プロデューサー:佐藤善宏、臼井真之介、牧野治康
  • 配給:東宝

「永井圭」の実写版キャストは「佐藤健」


『亜人』の主人公である「永井圭」を演じるのは、アミューズ所属の俳優である「佐藤健」です。

佐藤健は1989年3月21日生まれで、2018年4月現在29歳で、様々なジャンルの作品に出演し続けている人気俳優です。

近年の代表作は「連続テレビ小説 半分、青い。」「天皇の料理番」などです。

永井圭

偶然トラック事故に巻き込まれたことで、自分が「亜人」であると知った26歳の研修医。

非常に頭が良くスペックの高い人物であり、頭脳明晰で、一度見たものは大体覚えることが出来るという特技を持つ。

しかし、その性格は非常に利己的で計算高く冷静で、妹からは「クズ」と言われている。

「うわべ以外で人の心配をしたことが無い」と言っているものの、人としての感情が無いわけでもない。

医者を目指しているのも、病弱な妹をどうにかしてやりたいと思っているが故である。

尚、実写版では原作より年齢が引き上げられており、医者を目指す高校生ではなく成人した研修医という立場になっている。

「佐藤」の実写版キャストは「綾野剛」


主人公の最大の敵役、「佐藤」を演じるのはトライストーン・エンタテイメントに所属する俳優「綾野剛」です。

綾野剛は1982年1月26日生まれで、2018年4月現在36歳で、多彩な役を演じることに定評がある人気俳優です。

近年の代表作は「コウノドリ」「フランケンシュタインの恋」などです。

佐藤

テロリストの亜人を率いるリーダーの男性。

20年間ずっと政府の実験体として非人道的な実験の被験者だったが、テロ活動をする理由に「復讐」は含まれておらず、単なる自らの快楽を求めてゲーム感覚で人間たちの虐殺を行う人格破綻者。

圭の利己的な性格と計算高いところを非常に気に入っているため、彼と敵対することすら楽しんでいる節がある。

常に帽子を被っているため、他の人物からは「帽子」と呼ばれている。

戦闘スタイルは自らの不死身を最大限に活かしたものであり、傷つくことや痛みを恐れていないようにも見える。

尚、実写版では原作より年齢が下げられており、初老の男性から30代半ば程度の男となっている。

その他の登場人物とキャスト

戸崎優(玉山鉄二)


亜人への差別感情が強い亜人管理委員会のトップ。

非常に冷徹で残忍な性格を持ち、亜人への虐待を見ても顔色一つ変えることが無い。

意識不明で入院中の婚約者がおり、婚約者のためならばどんなことでもする。

原作では厚生労働省の亜人担当職員であったが、実写版では亜人管理委員会のトップという役職についている。

下村泉(川栄李奈)


戸崎の秘書兼ボディーガードを務める女性の亜人。

しかし、戸崎に力を貸すことで、自らが亜人であることを隠蔽してもらっている。

原作では戸崎の部下だったが、戸崎の設定変更に伴って秘書という役職についている。

田中功次(城田優)


佐藤に協力している亜人の一人。

人間に強い憎しみを抱いており、佐藤の人間性はともかく、その行為に賛同して行動を共にしている。

全体的に戦闘能力は高いが、やや銃の扱いが苦手。

奥山真澄(千葉雄大)


佐藤に協力している亜人の一人。

機械関係に強く、ドローンやハッキングによる情報戦や偵察等でテロリストたちをサポートしている。

生まれつき足が不自由なため、亜人となっても足は不自由なままであった。

尚、原作では小太りな青年だったが、実写版では若いイケメンに変更になった。

高橋(山田裕貴)

佐藤に協力している亜人の一人。

享楽的な性格の持ち主。

戦闘時には覚醒剤を使用しているような描写がある。

尚、原作より実写映画版の方が年若い設定であり、より幼い性格設定とされている。

ゲン(平埜生成)


佐藤に協力している亜人の一人。

高橋とコンビを組んで戦闘に挑む。

高橋と同じく、戦闘時には覚醒剤を使用する。

尚、高橋に合わせたのか、原作よりも若い外見設定をなされている。

永井慧理子(浜辺美波)

圭の妹で、亜人は遺伝しないのか彼女は人間。

兄を「クズ」と称するくらいには仲が悪いものの、亜人への偏見は無い方。

原作ではとある理由から徹底的に仲違いしているものの、実写映画版ではそのとある理由の部分が完全にカットされている上、兄が研修医になった理由を知っているため、原作より好意的な態度を取る。

実写版『亜人』は面白い?評価・感想は?

原作があり、アニメ作品などのメディアミックスも幅広く行われた『亜人』ですが、世間の評判はどうなのでしょうか。

 

当然、漫画やアニメの実写化につきものである「批判意見」は多く見られます。

「登場人物とキャストのイメージが違う」だったり「登場人物のキャラクター改変が多すぎる」など、原作に思い入れがある人は特にこのあたりが気になるところでしょう。

しかしその一方、「アクションシーンとカメラワークは素晴らしい」や「CGが良く出来てる」などの評価点もあります。

良くも悪くも「賛否両論」の作品であることは間違いがありません。

連載途中なため、ストーリーが完全に尻切れトンボで終わることや専門用語系統の説明等で問題はあるものの、アクション映画としては評価が出来るというのが大多数の意見として見られました。

 

音楽やカメラワークなど、戦闘シーンを盛り上げる要素は多数あり、俳優陣のスタントも迫力満点、銃撃戦や肉弾戦、はたまた能力バトルも盛り上がること必至な出来となっています。

戦闘描写も爆発やCGを駆使し、派手に仕上がっています。

原作が好きな人、というよりはアクション映画好きや、出演している俳優が好きな人におススメの一作です。

まとめ

激しく派手なアクションに定評のある実写映画『亜人』は2017年9月に劇場公開されました。

現在は公開終了していますが、レンタルDVDや動画配信サービスなどで視聴することが可能です。

主演二人含む亜人たちの戦闘は、アクション映画ファンなら必見の出来となっています。

劇場で見ることが出来なかったファンも、今回の記事で興味を持った人も、是非『亜人』を視聴してみてください。

※紹介している作品の配信情報は記事更新日時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式サイトにてご確認ください。またFODプレミアムの1ヶ月無料お試しはAmazonPayによる登録に変更となりました。

大人気のビデオオンデマンド3選

FODプレミアム

月額料金888円(税抜)でフジテレビ独自作品が見放題

1ヶ月間の無料お試しが可能

ここでしか見れないフジテレビ最新作品の他、話題の人気作も多数配信

人気雑誌100誌以上が読み放題

FODプレミアムはフジテレビが運営する公式の動画配信サービス。

『コード・ブルー』『昼顔』など、ここでしか見られないフジテレビの最新ドラマやバラエティなど人気作はもちろん、フジテレビの地上波放送に先駆けて先行配信される作品が多数あります。

そしてフジテレビに限らず、映画『君の名は。』など話題を呼んだ人気ドラマ・映画・アニメなどもしっかりカバー。

1ヶ月間の初回無料お試しがあることから、見逃したドラマを一気に無料視聴することも可能となっています。

U-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXT

月額料金1990円(税抜)

31日間の無料お試しが可能

作品配信数は120,000本以上

電子書籍(漫画・雑誌)やアダルト作品も充実

U-NEXTは120,000本以上のコンテンツを配信し、新作の配信スタートも早いことが魅力の動画配信サービス。

特にアダルト動画や漫画や雑誌など電子書籍が楽しめることが、他のVODとは一線を画す特徴です。

また1つのアカウントで、最大4台の機器で同時視聴ができるので、4人家族で利用される方は1人の契約で全員が利用可能となります。

スマホ、PC、タブレット、テレビなど複数端末に対応しており、ダウンロード視聴もできます。

月額料金は1990円で、初回は31日間の無料お試しができます。

Hulu(フールー)

月額料金933円(税抜)で全ての作品が見放題

2週間(14日間)の無料お試しが可能

作品配信数は40,000本以上

海外ドラマ・映画の他、日テレ系のオリジナルコンテンツも充実

Huluは、月額933円(税抜)で映画、ドラマ、アニメ、バラエティなど全てのコンテンツが見放題の動画配信サービス。

他のVODでは、最新作など一部有料作品があり、視聴には個別課金が必要だったりしますが、その点、Hulu一切の追加料金はかからず、月額933円の定額で楽しみ尽くすことができます。

スマホ、PC、タブレット、テレビなど複数端末に対応しており、ダウンロード視聴も可能。

配信作品の特徴としては、アメリカで誕生したということから、海外ドラマや海外映画が充実しているのがポイント。

最近では国内コンテンツも充実しつつあり、日本テレビの子会社ということで、「続きはHuluで」のような日テレの番組と連動した動画などHuluでしか見られないオリジナルコンテンツも評判です。

月額料金は月額933円(税抜)で、初回は14日間の無料お試しができます。

-映画
-, , , , ,

error:

Copyright© VOD-NOTE , 2018 All Rights Reserved.