コンフィデンスマンJP

コンフィデンスマンJPのドラマキャスト・あらすじ!長澤まさみが月9主演

更新日:

『コンフィデンスマンJP』とは、2018年4月の月曜日21時より、フジテレビ系列で放送予定のドラマです。

 

主演はフジテレビの月9連続ドラマに出演するのがおよそ4年半ぶりにもなる「長澤まさみ」です。

その他の出演者として、フジテレビ月9初出演の若手俳優「東出昌大」、月9出演2年ぶりのベテラン俳優「小日向文世」が物語に更なる彩を添えます。

 

今回はフジテレビの2018年春の月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』のあらすじ、原作情報やキャスト・登場人物についてまとめて紹介します。

主演・長澤まさみをはじめ、東出昌大、小日向文世といった出演者が詐欺師役に挑みます。

この作品が見れる動画配信サービス

FODプレミアム

月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』基本情報

  • ドラマ名:コンフィデンスマンJP
  • 放送日:2018年4月~
  • 放送日時:毎週月曜日21時~(月9ドラマ)
  • 放送局:フジテレビ
  • 原作:なし
  • 脚本:古沢良太
  • 企画:成河広明
  • プロデュース:草ケ谷大輔、古郡真也
  • 演出:田中亮、金井紘、三橋利行

『コンフィデンスマンJP』のあらすじ・原作情報

「コンフィデンスマン」とは、和訳すると「信用詐欺師」である。

周囲を騙し、人を騙し、獲物を捉えて食らう者。

狙った獲物を逃がさず、獲物の骨の髄までしゃぶりつくす、騙しの天才。

それがコンフィデンスマン、詐欺師の生き様。

 

そんなコンフィデンスマンという裏家業を生業とする女、全てにおいて謎に包まれた破天荒な信用詐欺師。

それが「ダー子」(長澤まさみ)という女だった。

彼女の年齢も、名前も、本来の姿も何もかも、誰も知らない謎の女。

そんなダー子が興味を持つのは、「金」と「グルメ」と「ファッション」のみ。

いつも愛する金のために、グルメとファッションを楽しむためだけに、人を騙して金を巻き上げていた。

彼女が狙うターゲットは、非合法な方法や、人を食い物にして私腹を肥やす「悪者」ばかり。

悪徳企業を纏める裏の権力者、日本に蔓延る犯罪組織の糸を引く存在、更にはもっと根深い悪を持つ人間を相手にすることもあります。

ダー子はそんな手強い存在を相手に、仲間の「ボクちゃん」(東出昌大)と「リチャード」(小日向文世)共に日々天才的な詐欺の腕を振るう。

 

騙し、騙して、騙されて。

時には味方も騙して、騙されて。

目まぐるしく展開する、詐欺師のシナリオ。

天才詐欺師トリオが張り巡らせた蜘蛛の糸に、捉えられるターゲット。

今日は、どんな悪人が詐欺師の餌となるのだろうか…

『コンフィデンスマンJP』の予告動画

原作なし、古沢良太脚本によるオリジナルストーリー

『コンフィデンスマンJP』は原作なしのオリジナル作品であり、フジテレビでは今まで製作したことのない「コンゲーム」系の作品となります。

 

「コンゲーム」とは、主人公を始めとする登場人物が、互いやゲストを騙したり、騙されたりしながら、自らの野望に向かって突き進む系統のジャンルです。

コンゲーム系作品として代表的なものとして、「オーシャンズ11」や「スティング」などが挙げられます。

 

そんなコンゲームの世界を描くのは、「リーガルハイ」や「ALWAYS 三丁目の夕日」を生み出した脚本家の「古沢良太」です。

『コンフィデンスマンJP』は、人気脚本家・古沢良太によるオリジナルストーリーとなっています。

『コンフィデンスマンJP』の主人公「ダー子」役は「長澤まさみ」

『コンフィデンスマンJP』の主人公であり、天才詐欺師集団のリーダーである「ダー子」を演じるのは、フジテレビの月9ドラマに4年半に出演する「長澤まさみ」です。

今や大物女優の長澤まさみが演じる「ダー子」とは一体どのような人物なのか、みていきましょう。

ダー子(長澤まさみ)

詐欺師トリオのリーダー格にして紅一点のコンフィデンスウーマン。

奇想天外で破天荒な思考回路を持っており、いつもとんでもない悪人相手の詐欺計画を持ち込む。

武器は凄まじい集中力と、尋常ではないくらい高い知能。

ありとあらゆる専門知識すらすぐに吸収して自分のものに出来ると言う特技を持つ。

しかし、その性格は実力に反して適当で、高い知能で立てたはずの詐欺計画は行き当たりばったりが多く、詰めが甘いやや破綻気味なものばかり。

そんな弱点を持つため、ハイスペックでありながら、嫌味に映らない。

尚、女詐欺師にありがちな色気は一切持ち合わせておらず、ハニ―トラップを使うことは出来ない。

むしろ使おうとすると周囲のストップがかかる。

主演キャスト「長澤まさみ」のプロフィール

東宝芸能所属の女優。

年齢は2018年現在30歳。

多数のドラマや映画に出演する人気女優。

近年の代表作は「真田丸」「嘘を愛する女」「銀魂(実写映画)」など。

ダー子の仲間「ボクちゃん」役は「東出昌大」

ダー子の仲間の一人であり、天才詐欺師集団の一員「ボクちゃん」を演じるのは、フジテレビの月9枠初出演の俳優「東出昌大」です。

ボクちゃん(東出昌大)

詐欺師トリオの一人であるコンフィデンスマン。

詐欺師ではあるものの、小心者で、あまり強く物事を言うことが出来ない性格。

更にはお人好しで、真面目で、人を信じやすいという、詐欺師としては致命的な欠点の持ち主。

自分には詐欺師なんて向いてないと思っているため、さっさと詐欺師をやめてまっとうな人間になりたいと思っているものの、いつもダー子の口車に乗せられてやめることが出来ない。

しかし、一度詐欺を開始すると、誰よりも本気でターゲットを騙そうとする危うい一面がある。

ボクちゃんを演じる「東出昌大」のプロフィール

以前はギグマネジメントジャパン、現在はユマニテに所属する俳優。

2018年現在30歳。

以前はファッションモデルをやっていたが、映画出演を機会に俳優に転身している。

近年の代表作は「あなたのことはそれほど」「精霊の守り人」「空海-KU-KAI-美しき王妃の謎(吹き替え声優として)」など。

ダー子のもう一人の仲間「リチャード」役は「小日向文世」

ボクちゃんと共にダー子と詐欺を働く、天才詐欺師集団の一員「リチャード」を演じるのは、フジテレビの月9枠に2年ぶりの出演となる「小日向文世」です。

リチャード(小日向文世)

詐欺師トリオの一人であり、最年長でもあるコンフィデンスマン。

非常に場数を踏んだ百戦錬磨のベテランコンフィデンスマンであり、その技術は一級品。

特に変装に関しては右に出る者はおらず、その磨き上げた技術と、どこか上品に映る佇まいでどんな人間にでもなりきることが出来る。

その性格は温厚であるものの、心根を誰にも見せることが無く、何を考えているかわからない、掴み処が無い部分がある。

尚、リチャードという通り名だが、本人の容姿は純日本人。

リチャードを演じる「小日向文世」のプロフィール

ファザーズコーポレーションに所属する俳優。

現在64歳。

数多くのドラマに出演し、最近は声優を務めるなどのチャレンジを重ねる実力派ベテラン俳優。

近年の代表作は「祈りの幕が下りる時」「バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」「いぬやしき(アニメ)」など。

ターゲットになる人物と、それを演じる豪華キャスト

『コンフィデンスマンJP』でダー子らにターゲットとして狙われる人物も少しだけ公開されています。

演じるキャストも豪華であり、期待できるものであると言えるでしょう。

赤星栄介(江口洋介)

表向きは「慈善事業を進んで行うまっとうな紳士」だが、その実態はヤクザたちを従えて裏の社会を仕切っている。

人呼んで「日本のゴッドファーザー」。

斑井満(内村光良)

自治体に町おこしを持ち掛け、自治体が持て余してしまっている土地を買い上げるが、すぐに転売することで金を稼ぐ悪徳コンサルタント。

桜田しず子(吉瀬美智子)

リゾート会社の社長であり、常に冷静沈着な美人だが、その性格は酷く冷徹なドS。

山下智久がエキストラで出演!?

公式発表にはありませんが、ドラマ『コンフィデンスマンJP』に

ジャニーズの山下智久が出演する

という噂も蔓延しています。

 

ただ調べたところ、この噂は現時点ではガセ情報となっています。

 

どうやら主演・長澤まさみと『プロポーズ大作戦』で共演していた過去があったり、山下智久が詐欺師の役を演じたドラマ『クロサギ』に主演として出演していたことなどが原因となり浮上した噂のようです。

見どころは痛快な詐欺エンターテインメント!

映画の世界ではなかなかにメジャーなジャンルである「コンゲーム」ですが、ドラマの世界ではまだまだマイナーな分類です。

そんなコンゲームを大きく取り上げるというのは珍しいものです。

コンフィデンスマンで描かれる騙しの描写は、現実のそれとは違って、非現実的で、痛快に描かれていきます。

「悪いこと」である詐欺を悪人を裁くための「剣」として描写しているのも、痛快さと軽快さに磨きをかけます。

騙して、騙されての詐欺師稼業を面白おかしく、ちょっと不謹慎にブラックに描いていく今作は、映画とはまた違った魅力でストーリーを展開していくでしょう。

『コンフィデンスマンJP』の動画を見逃し配信するサイト

『コンフィデンスマンJP』の動画を見逃し配信するサービスは、フジテレビ公式のサービス

になります。

FODでは、前クールの月9「海月姫」や同クールのフジテレビドラマなども多数配信していますので、あわせて見れますよ。

詳しくは以下にまとめたので、参考にしてみてください。

『コンフィデンスマンJP』まとめ

今回はコンゲームものという新たな境地を開いた『コンフィデンスマンJP』について纏めてみましたが、いかがでしたでしょうか。

フジテレビの初挑戦を、フジテレビ月9ドラマに久方ぶりに出演する長澤まさみらが色を付けます。

初回放映日は現在未定ですが、放映時間は、毎週月曜日21時からとなっています。

フジテレビでも異色の作品である、コンゲームものの今作を、気になる方は是非チェックしてみてください。

おすすめのビデオオンデマンド(VOD)

FODプレミアム

月額料金888円(税抜)でフジテレビ独自作品が見放題

31日間の無料お試しが可能

ここでしか見れないフジテレビ最新作品の他、話題の人気作も多数配信

人気雑誌100誌以上が読み放題

FODプレミアムはフジテレビが運営する公式の動画配信サービス。

『コード・ブルー』『昼顔』など、ここでしか見られないフジテレビの最新ドラマやバラエティなど人気作はもちろん、フジテレビの地上波放送に先駆けて先行配信される作品が多数あります。

そしてフジテレビに限らず、映画『君の名は。』など話題を呼んだ人気ドラマ・映画・アニメなどもしっかりカバー。

31日間の初回無料お試しがあることから、見逃したドラマを一気に無料視聴することも可能となっています。

U-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXT

月額料金1990円(税抜)

31日間の無料お試しが可能

作品配信数は120,000本以上

電子書籍(漫画・雑誌)やアダルト作品も充実

U-NEXTは120,000本以上のコンテンツを配信し、新作の配信スタートも早いことが魅力の動画配信サービス。

特にアダルト動画や漫画や雑誌など電子書籍が楽しめることが、他のVODとは一線を画す特徴です。

また1つのアカウントで、最大4台の機器で同時視聴ができるので、4人家族で利用される方は1人の契約で全員が利用可能となります。

スマホ、PC、タブレット、テレビなど複数端末に対応しており、ダウンロード視聴もできます。

月額料金は1990円で、初回は31日間の無料お試しができます。

Hulu(フールー)

月額料金933円(税抜)で全ての作品が見放題

2週間(14日間)の無料お試しが可能

作品配信数は40,000本以上

海外ドラマ・映画の他、日テレ系のオリジナルコンテンツも充実

Huluは、月額933円(税抜)で映画、ドラマ、アニメ、バラエティなど全てのコンテンツが見放題の動画配信サービス。

他のVODでは、最新作など一部有料作品があり、視聴には個別課金が必要だったりしますが、その点、Hulu一切の追加料金はかからず、月額933円の定額で楽しみ尽くすことができます。

スマホ、PC、タブレット、テレビなど複数端末に対応しており、ダウンロード視聴も可能。

配信作品の特徴としては、アメリカで誕生したということから、海外ドラマや海外映画が充実しているのがポイント。

最近では国内コンテンツも充実しつつあり、日本テレビの子会社ということで、「続きはHuluで」のような日テレの番組と連動した動画などHuluでしか見られないオリジナルコンテンツも評判です。

月額料金は月額933円(税抜)で、初回は14日間の無料お試しができます。

-コンフィデンスマンJP

error:

Copyright© VOD-NOTE , 2018 All Rights Reserved.