映画

映画『去年の冬、きみと別れ』評価・感想!キャスト・あらすじ・原作も

更新日:

映画『去年の冬、きみと別れ』が、2018年3月10日より公開スタート。

「教団X」で知られる芥川賞作家・中村文則のベストセラー小説を実写化した作品です。そのストーリーの巧妙さに、映像化不可能と言われた原作を、大胆なアレンジで映像化に成功。

キャストには三代目J Soul Brothers/EXILEの岩田剛典、斎藤工、山本美月など実力派が集結しています。

今回は、誰もが騙される衝撃の結末が話題の映画『去年の冬、きみと別れ』のあらすじ・原作本や主演・岩田剛典をはじめとしたキャスト・出演者をご紹介します。

また、不思議なタイトルに込められた意味、感想や評価についてもまとめます。

去年の冬、きみと別れ|動画フル無料視聴サイト一覧と映画の感想・評価
去年の冬、きみと別れ|動画フル無料視聴サイト一覧と映画の感想・評価

映画『去年の冬、きみと別れ(冬きみ)』は、岩田剛典、山本美月、斎藤工らをキャストに迎え、猟奇殺人犯と、その存在を追うカメラマンによって展開されるサスペンス作品。 同名の小説が原作で、原作小説の作者はか ...

続きを見る

映画『去年の冬、きみと別れ』の基本情報

去年の冬、きみと別れ

  • 作品名:「去年の冬、きみと別れ」(略称:冬きみ)
  • 公開日:2018年3月10日
  • 監督:瀧本智行
  • 脚本:大石哲也
  • 音楽:上野耕路
  • 原作:中村文則「去年の冬、きみと別れ」
  • 主題歌:m-flo「never」
  • 出演者:岩田剛典、斎藤工、山本美月

映画『去年の冬、きみと別れ』のあらすじ

フリーの記者である耶雲恭介(岩田剛典)は、最愛の女性、松田百合子(山本美月)との結婚を控えていた。

美しい婚約者との結婚を前に幸せな耶雲は自分の力を試そうと次の取材対象に大物を狙う。

その”大物”とは、天才カメラマンの木原坂雄大(斎藤工)。木原坂は1年前の猟奇殺人事件の容疑者だった。

 

1年前、木原坂は自宅のスタジオで撮影中に火災を起こし、モデルをしていた盲目の女性、吉岡亜希子(土村芳)が焼死した。この事件は木原坂に執行猶予の判決が出て終わった事件だったが、耶雲は諦めずに真相を追う。

取材を続けるうちに耶雲は木原坂に更なる興味を抱き、ふたりは距離を縮めていく。週刊誌の編集者である小林良樹(北村一輝)から木原坂は危険な男だと忠告を受けるが、耶雲は取りつかれたように彼を追い続け真相に迫っていく。

 

一方、木原坂は耶雲の婚約者である百合子に興味を抱き、「あなたの魅力に惹かれました。あなたは本当の自分に気づいていない。」と言って百合子に近づく。

次々に仕掛けられる木原坂の罠にはまっていく耶雲。ついに百合子は木原坂に監禁されてしまう。

耶雲は百合子を取り戻そうと木原坂を訪ねるが、木原坂は百合子が自ら望んでここにいると言う。1年前の事件で、モデルを焼死させその姿をカメラに収めた木原坂が、また同じことを百合子にするのではと耶雲は思い、再び木原坂のスタジオに向かうが…。

映画『去年の冬、きみと別れ』の予告動画

映画『去年の冬、きみと別れ』の原作となった本

『去年の冬、きみと別れ』は「教団X」で知られる芥川賞作家・中村文則のサスペンス小説の本が原作となっています。

小説「去年の冬、きみと別れ」は中村サスペンスの最高傑作と言われ、全編に張り巡らされた伏線の先に待つ、驚愕のラストが話題に!

タイトルの意味をネタバレなしで紹介

「去年の冬、君と別れ」

文章の続きのような不思議なタイトルですが、どんな意味が込められているのでしょうか。

実は、タイトルの意味は原作でも映画でもラストまで明かされません。このタイトル自体が数多く張り巡らされた伏線のひとつでもあるわけです。

なので、ここではネタバレをしない程度にタイトルの意味をご紹介します。

 

このタイトルには続きの文章があります。

"去年の冬、きみと別れ、僕は化け物になることに決めた”

ある人物が、復讐を決意したときの気持ちを表していたのです。一体、誰が誰に復讐をしたのか。

 

是非映画を観て、最後の最後に明かされるタイトルの意味、誰もが騙される衝撃の結末を確かめてください。

映画『去年の冬、きみと別れ』のキャスト・出演者

主演の岩田剛典をはじめ、実力派キャストが終結した映画『去年の冬、きみと別れ』の主要キャストをご紹介します。

耶雲恭介:岩田剛典

フリーの若手記者。結婚を目前に野心に溢れ、天才カメラマン木原坂雄大の真実に迫る本を出版しようと動き始める。

演じるのは、三代目 J Soul Brothersのメンバーであり、近年俳優としても活躍している岩田剛典。

2016年に映画初主演作品「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」で第41回報知映画賞新人賞、アカデミー賞新人俳優賞・話題賞、第26回日本映画評論家大賞新人男優賞を受賞しています。

その他の出演作品はドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」、ドラマ「HIGH&LOW~THE STORY OF S.W.O.R.D~」、映画「HIGH&LOW」全シリーズなどがあります。

木原坂雄大:斎藤工

ミステリアスな天才カメラマン。撮影中にモデルを焼死させた容疑で逮捕されたが、執行猶予がつき釈放される。

演じるのは2014年にドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」でその人気を爆発させ、数多くの映画やドラマに出演している斎藤工。

俳優以外にもフィガロジャポンでの白黒写真連載、移動映画館「cinema bird」、映画監督など活動の幅を広げています。2018年2月には監督7作目となる長編映画「blank13」が公開されました。

松田百合子:山本美月

耶雲の美しい婚約者。木原坂の取材にのめり込む耶雲を案じ、献身的に支える。

演じるのはファッションモデルとして活躍し、2011年より女優活動を始めた山本美月。

主な出演作品は映画「少女」、「ピーチガール」、ドラマ「刑事ゆがみ」、「東京アリス」などがあります。

小林良樹:北村一輝

「週刊文詠」のベテラン編集者。木原坂の真相を暴く書籍企画を担当する。

演じるのは唯一無二の個性を発揮し続ける実力派俳優の北村一輝。

近年の主な出演作品は「寄生獣」、「無限の住人」、「8年越しの花嫁 奇跡の実話」、「羊の木」、「今夜、ロマンス劇場で」などがあります。

木原坂朱里:浅見れいな

木原坂の姉。弟を異常なほど溺愛する。

演じるのはモデルや女優として活躍する浅見れいな。

雑誌「オトナミューズ」や「Ired」などで同世代の女性から圧倒的支持を得ています。

主な出演作品には映画「海月姫」、「エイプリルフールズ」などがあります。

吉岡亜希子:土村芳

盲目の女性。木原坂のモデルをしていたが撮影中に焼死した。

演じるのは注目の若手女優、土村芳。

主な出演作品は映画「劇場霊」、「何者」、NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」、ドラマ「恋がヘタでも生きてます」などがあります。

映画『去年の冬、きみと別れ』の感想・評価

大ヒット上映中の映画『去年の冬、きみと別れ』、その予測不能な結末や迫真の演技が見た人たちの間で話題になっています。

そんな映画『去年の冬、きみと別れ』の感想・評価をまとめました。

 演技に騙される!?

2回見返したくなる作品

映画『去年の冬、きみと別れ』まとめ

映画『去年の冬、きみと別れ』は2018年3月10日より全国の劇場で公開スタート。

目を離せない予測不能なサスペンスの衝撃の結末を、どうぞお見逃しなく!

去年の冬、きみと別れ|動画フル無料視聴サイト一覧と映画の感想・評価
去年の冬、きみと別れ|動画フル無料視聴サイト一覧と映画の感想・評価

映画『去年の冬、きみと別れ(冬きみ)』は、岩田剛典、山本美月、斎藤工らをキャストに迎え、猟奇殺人犯と、その存在を追うカメラマンによって展開されるサスペンス作品。 同名の小説が原作で、原作小説の作者はか ...

続きを見る

紹介している作品の配信情報は記事更新日時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式サイトにてご確認ください。

大人気のビデオオンデマンド3選

FODプレミアム

月額料金888円(税抜)でフジテレビ独自作品が見放題

1ヶ月間の無料お試しが可能

ここでしか見れないフジテレビ最新作品の他、話題の人気作も多数配信

人気雑誌100誌以上が読み放題

FODプレミアムはフジテレビが運営する公式の動画配信サービス。

『コード・ブルー』『昼顔』など、ここでしか見られないフジテレビの最新ドラマやバラエティなど人気作はもちろん、フジテレビの地上波放送に先駆けて先行配信される作品が多数あります。

そしてフジテレビに限らず、映画『君の名は。』など話題を呼んだ人気ドラマ・映画・アニメなどもしっかりカバー。

1ヶ月間の初回無料お試しがあることから、見逃したドラマを一気に無料視聴することも可能となっています。

U-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXT

月額料金1990円(税抜)

31日間の無料お試しが可能

作品配信数は120,000本以上

電子書籍(漫画・雑誌)やアダルト作品も充実

U-NEXTは120,000本以上のコンテンツを配信し、新作の配信スタートも早いことが魅力の動画配信サービス。

特にアダルト動画や漫画や雑誌など電子書籍が楽しめることが、他のVODとは一線を画す特徴です。

また1つのアカウントで、最大4台の機器で同時視聴ができるので、4人家族で利用される方は1人の契約で全員が利用可能となります。

スマホ、PC、タブレット、テレビなど複数端末に対応しており、ダウンロード視聴もできます。

月額料金は1990円で、初回は31日間の無料お試しができます。

Hulu(フールー)

月額料金933円(税抜)で全ての作品が見放題

2週間(14日間)の無料お試しが可能

作品配信数は40,000本以上

海外ドラマ・映画の他、日テレ系のオリジナルコンテンツも充実

Huluは、月額933円(税抜)で映画、ドラマ、アニメ、バラエティなど全てのコンテンツが見放題の動画配信サービス。

他のVODでは、最新作など一部有料作品があり、視聴には個別課金が必要だったりしますが、その点、Hulu一切の追加料金はかからず、月額933円の定額で楽しみ尽くすことができます。

スマホ、PC、タブレット、テレビなど複数端末に対応しており、ダウンロード視聴も可能。

配信作品の特徴としては、アメリカで誕生したということから、海外ドラマや海外映画が充実しているのがポイント。

最近では国内コンテンツも充実しつつあり、日本テレビの子会社ということで、「続きはHuluで」のような日テレの番組と連動した動画などHuluでしか見られないオリジナルコンテンツも評判です。

月額料金は月額933円(税抜)で、初回は14日間の無料お試しができます。

-映画

Copyright© VOD-NOTE , 2018 All Rights Reserved.