国内

特捜9のキャスト・あらすじ・主題歌!9係の続編ドラマで井ノ原快彦主演

投稿日:

特捜9』とは、2018年4月11日水曜日21時から、テレビ朝日系列で放送予定のドラマです。

基になった原作はありませんが、前作に当たる位置づけの作品として、「警視庁捜査一課9係」が存在します。

 

主演は前作より出演し続け、前作では脇役として主役を支えていた井ノ原快彦が務めます。

その脇を固めるのは、同じく前作より出演していた羽田美智子や津田寛治などのお馴染みのメンバーの他、今回より寺尾聰、山田裕貴も加わります。

 

今回はそんなテレビ朝日の人気ドラマシリーズ「警視庁捜査一課9係」の正式な続編である『特捜9』について纏めさせていただきます。

ドラマ『特捜9(とくそうナイン)』基本情報

  • ドラマ名:特捜9(「警視庁捜査一課9係」の続編)
  • 放送日:2018年4月11日~
  • 放送時間:毎週水曜日21時~
  • 放送局:テレビ朝日
  • 原作:オリジナル
  • 脚本:深沢正樹、岡崎由紀子、真部千晶、瀧川晃代、徳永富彦ほか
  • 音楽:吉川清之
  • 監督:杉村六郎、新村良二、長谷川康、吉田啓一郎ほか
  • ゼネラルプロデューサー:大川武宏
  • プロデューサー:神田エミイ亜希子、金丸哲也、小髙史織
  • 製作:テレビ朝日、東映

ドラマ『特捜9』あらすじ

かつて警視庁に存在した部署「警視庁捜査一課9係」。

そこは大都会東京において日々増え続けている凶悪犯罪を取り締まり、解決するために設立された部署であった。

 

そんな部署に所属するのは、「浅輪直樹」(井ノ原快彦)を筆頭に、ちょっと風変わりな刑事たち。

そして、風変わりな刑事たちを束ねる係長は、曲者警部「加納倫太郎」(故・渡瀬恒彦)。

彼らは東京の治安を守るため、日々邁進を続けていた。

 

しかし、彼らの居た警視庁捜査一課9係は既に無くなっていた。

係長の倫太郎は今までの実績を見込まれて「内閣テロ対策室」のアドバイザーを兼任することになり、9係を離れて行ってしまった。

要である倫太郎を失った9係は解散させられ、9係に残っていたメンバーも他の部署に所属することになる。

別々の道を歩み始める元9係のメンバー、その道は枝分かれし、散っていく。

 

そんなある日、事件が起きる。

拳銃を手にした宝石強盗犯が現れたという事件だった。

そんな強盗犯を追うのは、元9係のメンバーにして、渋谷中央警察署刑事課主任になった浅輪直樹であった。

彼は新宿中央署に務める「新藤亮」(山田裕貴)と共に強盗犯を追っていたが、逃げる強盗犯を捕らえることが出来ずにいた。

 

しかし、不意に現れた一人の男が、直樹と亮に手を貸した。

男の協力によって、強盗犯を捕らえることに成功した直樹と亮。

男はそれを見届けてその場から颯爽と去っていくのだ。

「守るべきものは弱い者、基本だよね」と一言、直樹に言い残して。

 

男と遭遇し、事件を解決した翌日、直樹に突如人事から呼び出しがかかる。

何事かと心配をしつつ、警視総監室に向かうと、驚愕する。

警視総監である神田川宗二朗(里見浩太朗)と共に、先日事件解決を手伝ってくれた男が居るのだ。

 

神田川は言う。

「しがらみに左右されず、初動捜査から送検まで一手に行うチームを立ち上げる」のだと。

そのチームの名は、「特別捜査班」。

そして、その特別捜査班の班長に、事件解決を手伝ってくれた男、「宗方朔太郎」(寺尾聰)を据えるのだと。

寝耳に水のような出来事に、直樹は驚きを隠せずにいた。

 

そうして動き出した特別捜査班だったが、まだメンバーは朔太郎と直樹のみ。

とある事情でさっさと帰宅してしまった朔太郎に代わり、直樹は特別捜査班のメンバーを見繕えという指令を賜ることになってしまった。

直樹は早速、見知った仲である元9係のメンバーに話をするが…

 

果たして、直樹は新たな「特捜班」に9係のメンバーを再集結させることが出来るのか。

朔太郎は一体、特捜班をどのように束ねていくのか。

そして、彼らの裏をかいてその手を伸ばす闇とは何なのか。

朔太郎の率いる正義が、今、動き始める。

『特捜9』予告動画

主人公は前作より登場。昇格した「浅輪直樹」(井ノ原快彦)

「警視庁捜査一課9係」から引き続き登場し、今回主人公に昇格した「浅輪直樹」を演じるのは、前作より浅輪直樹を演じ続けている、アイドルグループV6のメンバー「井ノ原快彦」です。

浅輪直樹(井ノ原快彦)

元警視庁捜査一課9係に所属していた刑事。

9係が解散した現在は渋谷中央警察署刑事課主任に昇格している。

かつて存在した9係では係長であった加納倫太郎とコンビを組んでいた。

強い正義感の持ち主で、曲がったことを嫌う真っ直ぐな性格。

強盗犯確保の瞬間を見届けていた宗方朔太郎に見込まれ、特別捜査班の最初のメンバーとして抜擢されている。

尚、実は既婚者であり、その妻は加納倫太郎の娘であったりする。

井ノ原快彦プロフィール

ジャニーズ事務所所属のアイドル。

所属グループはV6であり、ファンからの愛称は「イノッチ」。

1976年5月17日生まれで、2018年3月現在41歳。

近年の代表作は「警視庁捜査一課9係シリーズ」「東京バンドワゴン~下町大家族物語」など。

もう一人の主人公「宗方朔太郎」を演じるのは「寺尾聰」

浅輪直樹と共に特別捜査班に所属する、特別捜査班の班長「宗方朔太郎」を演じるのは、数多くのドラマに出演するベテラン俳優「寺尾聰」です。

宗方朔太郎(寺尾聰)

警視庁捜査一課に新設された特別捜査班の班長に任命された刑事で、階級は警部。

元は人事課の職員であったが、警視総監であった神田川宗二朗によって大抜擢され、特別捜査班の班長となる。

実は5年前に一度退職しているが、神田川より依頼されて復帰した。

とある事情で「娘」を引き取って育てているため、何があっても定時で帰宅してしまうという子煩悩な一面がある。

5年前のとある事情など、存在に関しては未だ謎が多い。

寺尾聰プロフィール

ホリプロダクション、石原プロモーション所属を経て、現在は個人事務所である寺尾音楽事務所に所属する俳優でありシンガーソングライター。

1947年5月18日生まれで、2018年3月現在70歳。

近年の代表作は「陸王」「琥珀」「カインとアベル」など。

お馴染みのメンバーから新顔まで。他登場人物&キャスト

『特捜9』には前作から登場する人物から、今作より登場する人物も存在します。

小宮山志保(羽田美智子)

元9係所属の刑事で、階級は警部補。

強さと優しさを兼ね備えた性格をしているが、やや好戦的でキツイ一面も持つ。

かつては9係の仲間であり、同僚の村瀬健吾とコンビを組んでいた。

村瀬健吾(津田寛治)

元9係所属の刑事で、階級は警部補。

基本的に真面目で品行方正な優等生キャラだが、それが行き過ぎて、少し頭の固い部分がある。

9係がある頃は同僚の小宮山志保とコンビを組んでいた。

青柳靖(吹越満)

元9係所属の刑事で、階級は警部補。

頭に血が上りやすく、感情的になりやすい性格の持ち主で、有名人や金持ちを嫌っている。

現在は警察を退職しており、無職。

矢沢英明(田口浩正)

元9係所属の刑事で、階級は巡査部長。

非常に穏やかで大らかな性格であり、短気で問題を起こしがちの青柳の数少ない理解者。

直樹の「特捜班」への勧誘に一番最初に乗った。

新藤亮(山田裕貴)

新宿中央警察署の刑事課に所属していた若き刑事。

直樹と共に強盗犯を追っていたことがあり、その際朔太郎に出会っている。

積極的で基本的に素直であるものの、若者特有のノリの軽さで直樹に叱られることもしばしば。

浅輪倫子(中越典子)

直樹の妻であり、元9係の係長である加納倫太郎の娘。

職業はパティシエール。

早瀬川真澄(原沙知絵)

東京都監察医務院勤務の監察医。

遺体の検証に関しては非常に腕があるものの、性格面に関してはやや難がある、典型的な変人。

志保とは友人が居ない同士で気が合うらしい。

神田川宗二朗(里見浩太朗)

警視総監。

朔太郎を特捜班の班長に据えた張本人。

『特捜9』は原作なし、警視庁捜査一課9係の続編

『特捜9』は原作が無いオリジナルの作品ですが、前作と呼べる作品が存在します。

それは同じくテレビ朝日製作の人気刑事ドラマ「警視庁捜査一課9係」です。

 

11年間続いた長寿作品であった「警視庁捜査一課9係」ですが、主演の渡瀬恒彦と、レギュラー出演していた野際陽子の死去によって、シリーズを進行することが不可能となっていました。

 

続編製作が絶望視されていた今作ですが、この度タイトルを『特捜9』と改め、新たな設定を加えることで復活を果たします。

前作の雰囲気や登場人物、設定を受け継ぎつつ、新たな風を呼び込んで製作される『特捜9』、前作からのファンも、今作から初めて視聴する新規さんも必見です。

『特捜9』の主題歌はV6が有力?

『特捜9』の主題歌についての情報はまだありません。

前作とも言える「警視庁捜査一課9係」では伝統的に浅輪直樹を演じる井ノ原快彦が所属するアイドルグループ「V6」が務めてきていました。

ですが、設定や立場の変わる今作からはどうなってしまうのかはまだわかりませんので、判明次第追記を行いたいと思います。

ストーリー・キャストのほか、監督・脚本も見どころ

『特捜9』の見どころは、新たな登場人物が加わった状態で繰り広げられる「群像劇」であると言えます。

特捜班のメンバーは基本的に自分の得意分野や、自分の見ている世界に基づいて動いていきます。

バラバラのように見えるメンバーの動きですが、彼らの集めたピースが一つの事件を解決する様は、パズルを解いていくような気持ちよさがあります。

 

主人公は浅輪直樹であるものの、彼の視点以外にも注目する部分は多々あります。

登場人物一人一人にドラマがあり、ストーリーがあり、それらが全て合わさって『特捜9』の世界は形作られます。

そして、今までのメンバーに加えて、新たなキャラクターである新班長「宗方朔太郎」と、新人刑事「新藤亮」がその世界にどのような視点を加えていくのか。

新しい「特捜班」の展開は瞬き厳禁です。

 

更に、前作「警視庁捜査一課9係」と同じく、今作にも監督と脚本が数人存在します。

「三匹のおっさん3」などの脚本を手掛けた深沢正樹、「土曜ワイド劇場シリーズ」などの脚本を手掛ける岡崎由紀子、「最強のふたり~京都府警 特別捜査班~」などを手掛けた真部千晶などが脚本を担当します。

 

監督は「花嫁のれん」の杉村六郎、「刑事7人」の新村良二、「遺留捜査」の長谷川康などが参加しています。

監督、脚本によって内容の癖や傾向が大きく変わるところも群像劇故の個性の一つでしょう。

その解釈の違いや、描写の違いなども、作品に味をつける一因です。

キャスト以外にも、脚本や監督の違いも是非味わってみてください。

井ノ原快彦主演ドラマ『特捜9』まとめ

今回は「警視庁捜査一課9係」の正当な続編である『特捜9』について纏めてみましたが、いかがでしたでしょうか。

 

今作はメインキャストの死去ということから、続編製作が絶望視されていた作品であるものの、新たに取り入れた要素のおかげで復活します。

新たな風を吹き込んだ今作、前作からのファンも楽しめますが、今作から視聴を開始する新規さんも楽しめること請け合いです。

 

ですが、前作である「警視庁捜査一課9係」を見た方が楽しめるのも事実です。

これから初めて見ようと思う視聴者さんは、あらかじめレンタルや動画配信サービスなどで予習をしておくとより楽しめると思います。

 

初回放送は2018年4月11日水曜日の21時からになります。

気になる方は是非テレビ朝日系列でチェックしてみてください。

紹介している作品の配信情報は記事更新日時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式サイトにてご確認ください。

-国内

Copyright© VOD-NOTE , 2019 All Rights Reserved.