動画配信サービス

邦画(日本映画)見放題の動画配信サービスを比較!おすすめサイトはどれ?

更新日:

動画配信サービスを利用するにあたって、日本国内の映画、すなわち邦画がどれだけ見られるかを重視する方も多いでしょう。

今回は日本国内の映画を見るなら、どの動画配信サービス、サイトがオススメなのか、邦画を配信する主要ビデオオンデマンド(VOD)の料金や特徴を比較し、まとめていきます。

邦画(日本映画)を配信する主な動画配信サービス

まず邦画を配信する動画配信サービスはどんなものがあるのか、主要なものに絞って、それぞれの料金や配信作品数などの情報を簡単にまとめました。

※配信作品数は変動が激しいので、あくまでも参考までにご覧ください。

  • dTV
    • 邦画配信数:約1000本
    • 月額料金:500円
    • 無料お試し期間:31日間
    • 作品によって、見る際に個別に課金が必要
  • Hulu
    • 邦画配信数:約800本
    • 月額料金:933円
    • 無料お試し期間:14日間
    • 個別課金は一切なく、月額料金限りで見放題
  • U-NEXT
    • 邦画配信数:約2000本
    • 月額料金:1990円
    • 無料お試し期間:31日間
    • 作品によって、見る際に個別課金が必要
  • Amazonプライムビデオ
    • 邦画配信数:約1000本
    • 年会費:3900円(月325円) or 月額400円
    • 無料お試し期間:30日間
    • 作品によって、見る際に個別課金が必要
  • ビデオマーケット
    • 邦画配信数:約5000本
    • 月額料金:プレミアムコースが500円、プレミアム&見放題コースが月額980円
    • 無料お試し期間:初月無料
    • 作品によって、見る際に個別課金が必要
  • TSUTAYA TV
    • 邦画配信数:約1300本
    • 月額料金:動画見放題プランなら933円
    • 無料お試し期間:30日間無料
    • 動画見放題プランが対応している作品に関しては、月額料金限りで見放題
  • DMM見放題chライト
    • 邦画配信数:約150本
    • 月額料金:500円
    • 無料お試し期間:2週間無料
    • 見放題chライトが対応している作品に関しては、月額料金限りで見放題
  • Rakuten TV
    • 邦画配信数:約4000本
    • 月額料金:なし(登録自体は無料)
    • 全ての作品が見る際に個別に課金が必要

邦画配信本数でランキング

上記の中から邦画の配信数だけを取り出してランキングにすると以下の通り。

※配信作品数は変動が激しいので、あくまでも参考までにご覧ください。

  • 1位:ビデオマーケット 約5000本
  • 2位:楽天TV 約4000本
  • 3位:U-NEXT 約2000本
  • 4位:TSUTAYA TV 約1300本
  • 5位:dTV 約1000本
  • 5位:Amazonプライムビデオ 約1000本
  • 7位:Hulu 約800本
  • 8位:DMM見放題chライト 約150本

しかし、この順位はあくまでも参考までに見てください。

 

というのも、一概に月額料金の動画配信サービスといっても、

  • 月額料金限りで配信作品は見放題なのか?
  • どれぐらいの割合で課金が必要な作品があるのか?
  • 毎月無料でポイント付与などで無課金でも課金作品を楽しめるのか?

など提供するサービス内容に違いがあり、詳細について見比べれば、単純に配信する作品本数だけでは優劣をつけることは難しいからです。

 

要するに、動画配信サービスを選ぶ上でポイントとなるのは、いかにコスパが良いか、満足できる可能性が高いかどうかということです。

そこで主に邦画を見るなら、どの動画配信サービスを利用するのがおすすめなのか、ここまでの情報と実際に利用した感想を元に、厳選したものをピックアップしてご紹介していきたいと思います。

dTV

dTVは国内会員数No1を誇る動画配信サービス。

月額料金500円(税抜)という安さで、合計120000本以上の作品を配信しているコスパの良さが破格な動画配信サービスになりますが、邦画を見ることを第一に考える見るなら、こちらを利用すれば多くの方が満足できる可能性が高いです。

 

邦画を配信する本数も1000本程度と充実しており、人気作品など主要どころはほぼ間違いなく抑えています。

邦画に関して言えば、

「見たい作品が配信されていない・・・」

なんてことにはならないかと思いますよ。

 

また邦画に限らず、ドラマ、アニメ、バラエティ、音楽動画まで幅広いジャンルの動画を豊富に取り揃えています。

月額500円と続けていきやすい値段もあり、動画配信サービス選びに迷ったら、とりあえず「dTV」に登録してみれば間違いないでしょう。(31日間は無料でお試し可能)

 

ただ個別課金しなければ観られない作品がありますので、その点には注意が必要です。

31日間は無料でお試し可能なので、「見たい作品が個別課金必要かどうか」含めて、お試し期間中に使用感を確認して見ると良いでしょう。

Hulu

Huluも多くの方が聞いたことあるであろう有名動画配信サービス。

Huluといえば、海外発の動画配信サービスであることから、日本の映画はあまり配信されていないのかと思われる方もいるかもしれませんね。

 

確かに、少し前まではそうだったのですが、日本テレビの子会社化したことから、最近では日本のコンテンツも充実しており、邦画も現時点で約800本程度配信しています。

主要どころはほぼ抑えており、おそらく多くの邦画ファンが満足できると思いますよ。

 

そしてHuluの最大の強みは月額料金933円(税抜)限りで、それ以上は料金が一切かかることなく楽しむことができるということ。

有料作品は一切ありませんので、配信するコンテンツは全て楽しみ尽くすことができます。

 

「他の動画配信サービスでは課金が必要だったけどHuluなら無課金で観れた!」

という方も多々いらっしゃり、そういう意味では一番試してみる価値がある動画配信サービスだと言えます。

 

2週間は無料お試し期間がありますので、言ってみれば、他の動画配信サービスの課金作品を無料で楽しむことも可能。

まだ利用されたことがない方は、無料期間の間だけでも試してみて、使用感を確かめて見ると良いでしょう。

U-NEXT

U-NEXT

U-NEXTもdTVと同じく作品配信数120000本以上を配信する国内最大手の動画配信サービス。

作品数が多いということで、邦画も主要どころはもちろん、あまり知られていない良作まで取り揃えています。

大手の動画配信サービスということで、新作の配信開始も早いです。

 

dTVと同じく、見放題の作品と、視聴にポイントが必要な「ポイントOK」の作品があり、一部の作品は視聴に課金が必要になります。

 

ただU-NEXTでは登録時と毎月に無料でポイントが付与されますので、それを利用すればポイント作品を無料で楽しむことも可能。

 

月額1990円と他の動画配信サービスに比べると高めなのがデメリットですが、31日間の無料お試し期間があり、登録時にもらえるポイントを利用すれば、有料作品まで楽しむことができます。

その点を考えれば、無料お試しをまだされたことはない場合は、1度利用しない手はないと言えるでしょう。

TSUTAYA TV

TSUTAYA TVにて見放題に対応している邦画は現時点で大体1300本ほど。

旧作が多いという印象はありますが、他の動画配信サービスでは見られないような作品も多数配信しているのはメリット。

 

また課金することによって観られるTSUTAYAならではのレンタルサービスも併用して利用すれば、見れる作品数はかなりのものとなり、もちろん新作も利用可能。

レンタルサービスをうまく活用すれば、かなり使い勝手の良いサービスだと思います。

 

30日間は無料お試しが可能です。

ビデオマーケット

ビデオマーケットは17万本以上のコンテンツを配信と、国内最大級のコンテンツ量を誇る動画配信サービス。

上記ランキングで紹介した通り、邦画も群を抜いた数の量を配信していますので、見たい作品が見つからないということはほぼ起こらないはず。

 

ただし全ての作品が月額固定料金で見放題というわけではなく、定額料金980円で動画が見放題という「プレミアム&見放題コース」の対象作品となるとグッと数は減りますので、その点は注意が必要です。

 

しかし、U-NEXTと同じく毎月540ポイントが付与されますので、無課金で楽しむことも可能。

そうなると有料作品を含めた作品数は随一なわけなので、試してみる価値は十分にある動画配信サービスだと言えるでしょう。

Amazonプライムビデオ

 

Amazonプライムビデオは大手通販サイトAmazonが運営する動画配信サービス。

Amazonならではともいうべきか、Amazonプライムビデオだけでなく、

  • お急ぎ便
  • Amazon Prime Music
  • Amazon Prime Photo
  • プライム会員限定先行タイムセールに参加可能

などプライム会員の特典も利用できるのが特徴です。

なので、プライム会員の方でまだ利用したことがなかったという人は、そもそもまずはこちらからチェックして見ると良いでしょう。

 

あるいはプライム会員のサービスを利用したいから、ついでにプライムビデオも利用してみる、という使い方もアリですね。

 

動画配信サービス自体としては、邦画に限らず、映画、バラエティ、アニメまで満遍なく配信しているという印象。

ただAmazonプライムビデオの最大の強みは「オリジナル作品」「独自の配信コンテンツ」なので、それを目的に利用されるのが一番かと思います。

 

月額料金が年契約だと325円(年3900円)、月契約だと400円と、dTVよりも安い最安値ということもポイントです。

30日間は無料お試しが可能です。

まとめ

以上、邦画を主に視聴したい際に、オススメな動画配信サービスをご紹介しました。

メジャーな人気作とか最新作とかであれば、今回挙げたほとんどの動画配信サービスがカバーしています。

なので、あとは無料お試し期間を利用して見れる作品や使用感を確かめてみて、使いやすいもの、好みの作品を配信しているものを選んで使い続けていくと良いと思いますよ。

どれも無料お試し期間がもうけられており、期間内に解約すれば料金は一切かかりません。

気になっているものがあれば、どんどんお試しされてみることをオススメします。

※紹介している作品の配信情報は記事更新日時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式サイトにてご確認ください。

おすすめのビデオオンデマンド(VOD)

FODプレミアム

月額料金888円(税抜)でフジテレビ独自作品が見放題

31日間の無料お試しが可能

ここでしか見れないフジテレビ最新作品の他、話題の人気作も多数配信

人気雑誌100誌以上が読み放題

FODプレミアムはフジテレビが運営する公式の動画配信サービス。

『コード・ブルー』『昼顔』など、ここでしか見られないフジテレビの最新ドラマやバラエティなど人気作はもちろん、フジテレビの地上波放送に先駆けて先行配信される作品が多数あります。

そしてフジテレビに限らず、映画『君の名は。』など話題を呼んだ人気ドラマ・映画・アニメなどもしっかりカバー。

31日間の初回無料お試しがあることから、見逃したドラマを一気に無料視聴することも可能となっています。

U-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXT

月額料金1990円(税抜)

31日間の無料お試しが可能

作品配信数は120,000本以上

電子書籍(漫画・雑誌)やアダルト作品も充実

U-NEXTは120,000本以上のコンテンツを配信し、新作の配信スタートも早いことが魅力の動画配信サービス。

特にアダルト動画や漫画や雑誌など電子書籍が楽しめることが、他のVODとは一線を画す特徴です。

また1つのアカウントで、最大4台の機器で同時視聴ができるので、4人家族で利用される方は1人の契約で全員が利用可能となります。

スマホ、PC、タブレット、テレビなど複数端末に対応しており、ダウンロード視聴もできます。

月額料金は1990円で、初回は31日間の無料お試しができます。

Hulu(フールー)

月額料金933円(税抜)で全ての作品が見放題

2週間(14日間)の無料お試しが可能

作品配信数は40,000本以上

海外ドラマ・映画の他、日テレ系のオリジナルコンテンツも充実

Huluは、月額933円(税抜)で映画、ドラマ、アニメ、バラエティなど全てのコンテンツが見放題の動画配信サービス。

他のVODでは、最新作など一部有料作品があり、視聴には個別課金が必要だったりしますが、その点、Hulu一切の追加料金はかからず、月額933円の定額で楽しみ尽くすことができます。

スマホ、PC、タブレット、テレビなど複数端末に対応しており、ダウンロード視聴も可能。

配信作品の特徴としては、アメリカで誕生したということから、海外ドラマや海外映画が充実しているのがポイント。

最近では国内コンテンツも充実しつつあり、日本テレビの子会社ということで、「続きはHuluで」のような日テレの番組と連動した動画などHuluでしか見られないオリジナルコンテンツも評判です。

月額料金は月額933円(税抜)で、初回は14日間の無料お試しができます。

-動画配信サービス

error:

Copyright© VOD-NOTE , 2018 All Rights Reserved.