動画配信サービス

洋画(海外映画)が見放題の動画配信サービスをおすすめ順に比較紹介

更新日:

海外の映画、すなわち洋画が視聴したいという思いで、動画配信サービスを利用される方も多いとおもいます。

ここでは洋画を配信する主な定額動画配信サービスの料金や特徴、洋画の配信作品数などを比較し、洋画を見るのにオススメのビデオオンデマンド(VOD)をご紹介していきます。

なお、動画の配信数や無料お試しのキャンペーンなどは変更される可能性がありますので、最新の情報は公式サイトにて確認するようにしてください。

洋画を配信する主な動画配信サービス

まず洋画を配信する動画配信サービスを料金、配信作品数などの情報とともにまとめてみました。

※配信作品数は変動が激しいので、あくまでも参考までにご覧ください。

  • dTV
    • 洋画配信数:約1800本
    • 月額料金:500円
    • 無料お試し期間:31日間
    • 作品によって、見る際に個別に課金が必要
  • Hulu
    • 洋画配信数:約900本
    • 月額料金:933円
    • 無料お試し期間:14日間
    • 個別課金は一切なく、月額料金限りで見放題
  • U-NEXT
    • 洋画配信数:約2500本
    • 月額料金:1990円
    • 無料お試し期間:31日間
    • 作品によって、見る際に個別課金が必要
  • Amazonプライムビデオ
    • 洋画配信数:約2500本
    • 月額料金:300円
    • 無料お試し期間:30日間
    • 作品によって、見る際に個別課金が必要
  • ビデオマーケット
    • 洋画配信数:約5500本
    • 月額料金:プレミアムコースが500円、プレミアム&見放題コースが月額980円
    • 無料お試し期間:初月無料
    • 作品によって、見る際に個別課金が必要
  • TSUTAYA TV
    • 洋画配信数:約500本
    • 月額料金:動画見放題プランなら933円
    • 無料お試し期間:30日間無料
    • 動画見放題プランが対応している作品に関しては、月額料金限りで見放題
  • DMM見放題chライト
    • 洋画配信数:約150本
    • 月額料金:500円
    • 無料お試し期間:2週間無料
    • 見放題chライトが対応している作品に関しては、月額料金限りで見放題
  • Rakuten TV
    • 洋画配信数:約4500本
    • 月額料金:なし(登録自体は無料)
    • 全ての作品が見る際に個別に課金が必要

洋画配信数でランキング

上記の中から洋画の配信数だけを取り出してランキングにすると以下の通り。

※配信作品数は変動が激しいので、あくまでも参考までにご覧ください。

  • 1位:ビデオマーケット 約5500本
  • 2位:楽天TV 約4500本
  • 3位:U-NEXT 約2500本
  • 4位:Amazonプライムビデオ 約2500本
  • 5位:dTV 約1800本
  • 6位:Hulu 約900本
  • 7位:TSUTAYA TV 約500本
  • 8位:DMM見放題chライト 約150本

これだけ見ると、ビデオマーケットが良さそうに見えますよね?

しかし、ここで気をつけなければいけないのは、洋画の配信数だけに捉われず、いかに払う料金に対して高いパフォーマンスを発揮してくれるかということ。

要はコスパの良さということですね。

 

というのも、サービスによっては作品を見る際に課金が必要だったり、逆に月額固定料金で配信している全ての作品が見放題だったりなど、その提供している内容に違いがあるからです。

 

そこで洋画を主に見るなら、どの動画配信サービスを利用するべきなのか、おすすめ順にピックアップしてランキング形式で紹介していきます。

第1位:Hulu

海外の映画を月額の定額料金かつ、文字通り見放題で楽しみたいなら、やっぱりHuluがおすすめ。

 

Huluは月額料金933円(税抜)で、それ以上は料金が一切かかることなく楽しむことができる動画配信サービスです。

そしてHuluは、今でこそ日テレの子会社として運営されていますが、もともとはアメリカ発の動画配信サービス。

 

すなわち米国のハリウッド映画だったり、映画だけでなくドラマも豊富に取り揃えているサービスとなっているのです。

もちろん、米国だけでなく、イギリスなど欧州系の映画や、香港・韓国・中国・台湾といったアジア系の映画のラインナップも充実しています。

 

また前述しましたが、Huluは今では日本テレビの傘下として運営されています。

つまり、日本のドラマだったり、映画のラインナップもかなり充実しつつあるのです。

 

それらの作品を月額固定料金で見放題だということで、洋画・映画に絞らず、単体の動画配信サービスと見ても非常にオススメできるビデオ・オン・デマンドだと言えるでしょう。

第2位:U-NEXT

U-NEXT

U-NEXTは、作品配信数120000本以上を配信する国内でもトップクラスのコンテンツ量を誇る動画配信サービス。

作品数が多いだけあって、海外の映画、すなわち洋画も豊富に取り揃えています。

 

しかし、Huluとは違って、見放題の作品と、視聴にポイントが必要な「ポイントOK」の作品があります。

ポイントというのは要は課金することによって視聴ができる作品ということです。

割合にすると、それぞれ半々ぐらいの数の印象。

なので、「見たい作品が課金しないと見れない・・・」という現象に陥る可能性はなくはありません。

 

ただU-NEXTでは毎月1000ポイントが付与されるなど、課金せずとも有料作品が観れる制度などもあります。

また大手の動画配信サービスということで、新作の配信開始がかなり早いです。

「他の動画配信サービスにはなかったけどU-NEXTにはあった!」なんていうかくれた名作もチラホラとあり、ラインナップの充実度という意味で、月額1990円という料金に抵抗がない方にはかなりおすすめです。

第3位:dTV

dTVは月額料金500円(税抜)という安さで計120000本以上の作品を配信している圧倒的なコスパの良さが売りの動画配信サービス。

コスパの良さを踏まえたサービス自体でダントツといっても過言ではありません。

 

ドラマ、邦画、アニメ、音楽動画まで幅広く取り揃えているdTVですが、洋画も同じく充実したラインナップとなっています。

メジャーなタイトルはもちろんのこと、過去に大ヒットした古い作品だったり、あまり知られていなような作品まで。

 

ジャンルでいっても、アクションや恋愛・青春もの、サスペンス系、ヒューマンドラマ、SF、コメディ・・・

などなど幅広く取り揃えています。

 

また作品の探しやすさという点でも良心的で、ジャンルだったりでカテゴリーごとに分けられているので、同じ系統の作品や探しやすくなっています。

 

U-NEXTと同じく、個別課金しなければ観られない作品がありますが、それを踏まえてもコスパの良さからおすすめできる動画配信サービスです。

第4位:TSUTAYA TV

TSUTAYA TVにて見放題に対応している洋画は現時点で大体500タイトルほど。

他の動画配信サービスでは見られないような作品も多数配信しています。

 

しかし、作品の内容としては旧作が中心となっているのは、少し残念な点。

 

ただTSUTAYA TVには厳密にいうと、全部で3つのプランがあり、TSUTAYAならではともいうべきか、「動画見放題+レンタル」というプランが存在します。

そのレンタルプランを利用すれば、かなりの作品数になり、もちろん新作も視聴可能となっています。

要は「TSUTAYAでDVDを借り放題 + 本来の見放題サービス」も利用できるというわけですね。

 

新作も見たい!という方は、こういう風にうまく使い分けて利用すると良いでしょう。

第5位:ビデオマーケット

ビデオマーケットは業界最大級のコンテンツ量(17万本以上配信)を誇る動画配信サービスで、洋画も現時点で5500本以上配信しています。

おそらく見たい作品が見つからないということはまずないでしょう。

この点はかなりの強みですね。

 

ただし、5500本全ての作品が月額固定料金で見放題というわけではなく、ほとんどの作品は個別に課金が必要になります。

 

ビデオマーケットには定額料金980円で動画が見放題という「プレミアム&見放題コース」もあるのですが、そちらに対応している作品は全部で20000本となっています。

なので、定額で観れる洋画というのは、そこまで多くはないということは踏まえておくと良いでしょう。

 

とはいっても、U-NEXTと同じく毎月540ポイントが付与されますので、課金することなく有料作品を楽しむことも可能です。

そう考えると、観たい作品がほぼ100%見つかり、なおかつうまく利用すれば無料でも視聴ができるということで、オススメできる動画配信サービスだと言えます。

まとめ

以上、洋画を主に視聴したい際にオススメできる動画配信サービスをご紹介しました。

それぞれの特徴を踏まえて、お好きなものを利用して見てくださいね。

なお今回、ご紹介したのは全て無料でお試しが可能となっている動画配信サービスになります。

無料期間内に解約すれば一切、料金はかかりませんので、悩んでいる方は安心してお試しして、その使用感を確かめて判断してみるのが一番でしょう。

※紹介している作品の配信情報は記事更新日時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式サイトにてご確認ください。またFODプレミアムの1ヶ月無料お試しはAmazonPayによる登録に変更となりました。

大人気のビデオオンデマンド3選

FODプレミアム

月額料金888円(税抜)でフジテレビ独自作品が見放題

1ヶ月間の無料お試しが可能

ここでしか見れないフジテレビ最新作品の他、話題の人気作も多数配信

人気雑誌100誌以上が読み放題

FODプレミアムはフジテレビが運営する公式の動画配信サービス。

『コード・ブルー』『昼顔』など、ここでしか見られないフジテレビの最新ドラマやバラエティなど人気作はもちろん、フジテレビの地上波放送に先駆けて先行配信される作品が多数あります。

そしてフジテレビに限らず、映画『君の名は。』など話題を呼んだ人気ドラマ・映画・アニメなどもしっかりカバー。

1ヶ月間の初回無料お試しがあることから、見逃したドラマを一気に無料視聴することも可能となっています。

U-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXT

月額料金1990円(税抜)

31日間の無料お試しが可能

作品配信数は120,000本以上

電子書籍(漫画・雑誌)やアダルト作品も充実

U-NEXTは120,000本以上のコンテンツを配信し、新作の配信スタートも早いことが魅力の動画配信サービス。

特にアダルト動画や漫画や雑誌など電子書籍が楽しめることが、他のVODとは一線を画す特徴です。

また1つのアカウントで、最大4台の機器で同時視聴ができるので、4人家族で利用される方は1人の契約で全員が利用可能となります。

スマホ、PC、タブレット、テレビなど複数端末に対応しており、ダウンロード視聴もできます。

月額料金は1990円で、初回は31日間の無料お試しができます。

Hulu(フールー)

月額料金933円(税抜)で全ての作品が見放題

2週間(14日間)の無料お試しが可能

作品配信数は40,000本以上

海外ドラマ・映画の他、日テレ系のオリジナルコンテンツも充実

Huluは、月額933円(税抜)で映画、ドラマ、アニメ、バラエティなど全てのコンテンツが見放題の動画配信サービス。

他のVODでは、最新作など一部有料作品があり、視聴には個別課金が必要だったりしますが、その点、Hulu一切の追加料金はかからず、月額933円の定額で楽しみ尽くすことができます。

スマホ、PC、タブレット、テレビなど複数端末に対応しており、ダウンロード視聴も可能。

配信作品の特徴としては、アメリカで誕生したということから、海外ドラマや海外映画が充実しているのがポイント。

最近では国内コンテンツも充実しつつあり、日本テレビの子会社ということで、「続きはHuluで」のような日テレの番組と連動した動画などHuluでしか見られないオリジナルコンテンツも評判です。

月額料金は月額933円(税抜)で、初回は14日間の無料お試しができます。

-動画配信サービス

Copyright© VOD-NOTE , 2018 All Rights Reserved.