ビデオパス

auビデオパスの評判・評価と口コミ|特徴・料金体系・メリットを徹底解説

更新日:

au公式ビデオパスは、スマホのキャリアでも知られるauのKDDI株式会社が提供する動画配信サービスです。

もともとはau契約者向けのVODでしたが、全キャリアフリー化されたことでauユーザー以外の人でも利用することが可能となりました。

テレビ朝日系の最新ドラマなど、もともとauビデオパスでしか見れない作品が多かっただけに、auユーザーの人以外でも利用できるようになったことで今人気を集めています。

 

作品数も、映画・ドラマ・アニメなど計10,000本以上配信しており、月額562円、初回30日間は無料お試し期間がもうけられているなどコスパもトップクラス。

本記事では、そんなauビデオパスの特徴やプラン別の料金体系とともに、動画配信サービスとしてのメリット・デメリットをまとめました。

また利用者の評判を評価別にまとめるとともに、実際に利用した口コミを感想とともに紹介します。

公式サイトauビデオパス

※auビデオパスは無料期間(30日間)以内に解約すれば一切料金はかからずお試し可能です。

auビデオパスとは?

auビデオパスとは、au公式が運営する映画・ドラマ・アニメなど計1万本以上が見放題な動画配信サービス

 

動画配信サービスの特徴としては、

  • 月額562円(税抜)で初回30日間無料でお試しが可能
  • 人気のドラマ・アニメ・映画が見放題で配信本数は約10,000本以上
  • 見放題作品以外に、最新作など一部課金が必要なレンタル作品があるが、登録時+毎月540円相当のビデオコインが付与されるためそれを利用すれば無料視聴が可能
  • スマートフォン・タブレット・パソコンなどマルチデバイスにも対応
  • 決済には「au簡単決済」「au WALLETポイント」「クレジットカード」の使用が可能

となります。

 

コスパの良さや見放題で見れる作品の本数に加えて、auユーザー以外の方も利用できるようになったことで、非常にコスパの高いオススメな動画配信サービスの1つとなっています。

auユーザー以外も利用することが可能!

auビデオパスは、かつてauユーザー以外の人は利用することができない、au契約者向けのサービスでした。

auビデオパスと非常に似た動画配信サービスとして、NTTドコモなどで知られるNTTが運営するdTV(ディーティーヴィ―)がありますが、こちらも

元々はドコモユーザーしか利用できなかったものの、のちにキャリアフリー化され、現在はどのユーザーでも利用が可能なサービスとなりました。

 

そのことから、auビデオパスに関してもキャリアフリー化されることは確実視されていましたが、その予想通り、キャリアフリー化され

auユーザー以外の人でも利用できるようになりました。

 

au以外の人は、Wow!IDというものを発行して、クレジットカードで月額料金を支払う形になります。

もちろんau以外の人でも、初回30日間の無料お試し期間は同様にあります。

これまでビデオパスのネックとなっていたのが、auユーザー以外の人は利用できないということでしたので、その最大の障壁がなくなったことで、一躍トップ争いに加わるVODサービスになったいっても過言ではないです。

auビデオパスの月額料金は?プラン別料金体系

auビデオパスの基本的なプランは3つあります。

ポイント

  • 「見放題プラン」
  • 「R-20見放題プラン」
  • 「レンタルプラン(個別課金)」

多くの方は「見放題プラン」を利用していますが、実はアダルト系の動画が見れるプランも存在しています。

それぞれのプランの料金と簡単な説明は以下の通り。

プラン 料金 特徴
見放題 月額562円(税抜) 毎月定額で新作一本とさまざまなジャンルの話題作が10,000本以上見放題。
R-20見放題 月額2,500円(税抜) 毎月定額でR-20対象作品を最大120本視聴できる。Smart TV BoxまたはSTW2000(auひかり)など専用機器が必要。
レンタル 1作品レンタル料目安:200~500円(税抜)※それ以上の作品も多少あります。 月額料金なしで動画を個別にレンタル(課金)して視聴する。レンタル期間・価格は作品により異なる。

多くの人が加入するのは、やはり「見放題プラン」ですね。

のちに解説しますが、初回の無料お試しが可能になるのも見放題プランなので、利用される場合はこちらへの加入をおすすめします。

月額料金の支払い方法

料金の支払い方法に関しても、見放題プランとレンタルプランで異なります。

ポイント

  • auユーザーの場合
    • auキャリア決済の「auかんたん決済」
    • auかんたん決済の月々の携帯代と支払う方法以外にクレジットカードでの支払いも可能
  • au以外の場合
    • クレジットカード支払い

レンタルプランの場合は、毎月無料でもらえるビデオコインなどでも支払いが可能となっています。

 

見放題プランを利用しながら、一部の作品のみレンタルで最新作を観るという方法が通常の利用方法になりますが、レンタルでは「ビデオコイン」や「WALLETポイント」が使えるのがポイントですね。

これによって実際にお金を使用することなく、無料で最新作を視聴することも可能となっています。

auビデオパスの特徴とメリット・デメリットを詳しく解説

それではauビデオパスにはどのようなメリット・デメリットがあるのか?

ここではauビデオパスの特徴を詳しく見ていきたいと思います。

10,000本以上の動画見放題が月額562円(税抜)で見放題

auビデオパスは、レンタル作品を除く10,000本以上の動画が月額562円(税抜)で見放題です。

ドラマや映画、アニメやバラエティのコンテンツなど、様々な作品をを視聴可能。

見逃したドラマや話題の最新作も取り揃えており、動画配信サービスとしては十分な内容となっています。

 

ただ他の動画配信サービスと比べると、配信本数10000本以上というのは少なめであるのは事実なので、この点はデメリットかもしれませんね。

とは言っても、auビデオパスのラインナップは充実してきているのは間違いなく、次に紹介する独占配信作品があるということがあるだけでも十分な利用価値のあるVODとなっています。

テレビ朝日系のドラマなど独占配信作品が多数

auビデオパスを利用する一番のメリットは、

テレビ朝日系のドラマなど独占配信作品が多数ある

ということが挙げられます。

 

結局のところ、動画配信サービスを利用する目的というのは、

見たい作品があるのかどうか?

という事だと思います。

その点、auビデオパスは、数ある動画配信サービスの中でも特にテレビ朝日系の作品を多く独占配信することが多いというメリットがあります。

  • テレビ朝日で放送されている最新ドラマ
  • 戦隊・レンジャーもの
  • 仮面ライダー

これらを見放題で見逃し配信しているのは、auビデオパスならではの特徴なので、その中で見たい作品があるという場合は必然的にauビデオパスを利用する意味が出てきます。

厳密にいうと、U-NEXTなど他の動画配信サービスでもテレビ朝日のドラマなどを配信する場合は多いのですが、

  • テレビ放送後から何日かおいた後に最新話を配信
  • 視聴にポイント(課金)が必要な作品になっている場合が多い

などのデメリットが生じています。

 

その点、作品によりけりではありますが、auビデオパスでは、地上波テレビ放送直後に見放題で最新話を見逃し配信することが多いため、これは大きなメリットだといえます。

実は成人向け(R-20)のプランもある

auビデオパスには、動画配信サービスの中では比較的珍しいアダルト作品が見れるプランも存在します。

1つのサービスで成人向け作品もカバーしているというのは強みですね。

 

ただ、配信本数に関しては、やはり課題が残る印象。

例えば、同じく動画配信サービスの中で成人向け動画が視聴可能なU-NEXTと比較すると下記表のようになります。

  • 配信する成人向け作品の比較表
配信サービス 月額料金(税抜) 動画本数
auビデオパス 2,500円 最大120本
U-NEXT 1,990円 2000本見放題

auビデオパスのR-20対象作品見放題プランは、月額2,500円で作品数は最大120本視聴可能。

一方、U-NEXTは成人向け作品をレンタルを除きおよそ2000本を月額1,990円で見放題。

 

auビデオパスはR-20対象作品を専用機器でしか見れない事もありますし、こちらも今後に期待といったところですね。

auユーザー以外の人でも利用が可能

auビデオパスはもともとauを利用している方のみ利用可能なサービスでしたが、2018年8月に行われたキャリアフリー化に伴い

auユーザー以外の人でも利用可能

となりました。

これによって、ドコモの動画配信サービスでありドコモ利用者でなくても利用できるキャリアフリーサービス「dTV」と、形式としては同じタイプのVODになったといえます。

登録時と毎月に540円分のレンタル用ビデオコインがもらえる

auビデオパスでは毎月540円分のビデオコインがもらえ、レンタル作品が見れます。

見放題作品以外の新作レンタル作品などを1作品分見れるのはお得です。

 

後述しますが、30日間お試し期間中も登録時にビデオコインがもらえるので、最初から最新作が無課金で楽しめるのは利点ですね。

映画の割引など会員特典がお得!

auビデオパスでは見放題に加入すると、会員特典として映画鑑賞券の割引やキャンペーンに応募可能です。

  • 映画鑑賞券の割引

auマンデイ(毎週月曜日)

  • TOHOシネマズの映画鑑賞料金が最大で700円の割引。
  • ポップコーンセットも670円から320円に割引

auシネマ割

  • ユナイテッド・シネマ(シネプレックス)の映画鑑賞料金が最大400円割引。
  • ポップコーンが100円OFF

映画館で映画を楽しむ方には魅力的な特典ですね。

その他にも不定期に開催される映画試写会やサイン入りグッズの抽選にも応募可能だったり、ビデオコイン高還元などのキャンペーンにも応募できる点はauビデオパスにしかない非常に大きなメリットでしょう。

テレビで視聴することも可能なChromecast対応

他の動画配信サービスもテレビやパソコン、スマホにタブレットというマルチデバイス対応は当たり前となっていますが、そんな中、auビデオパスではChromecastが利用可能です。

Chromecastは簡単にいうと、スマホやタブレットの画面をテレビの大画面などで簡単に見る事ができます。

有名どころとしては、Fire TV Stickなどを利用してwi-fiを利用することで、テレビでビデオパスの動画が見れるようになります。

Fire TV Stick

Fire TV Stick

4,980円(09/19 13:03時点)
Amazonの情報を掲載しています

せっかく動画を見るならテレビの大きな画面で楽しみたい。

そういった方にとてもオススメですし、auビデオパスの特徴のひとつでもあるでしょう。

auビデオパスの特徴まとめとメリット・デメリット総評

au公式ビデオの特徴をまとめると以下の通りです。

au公式ビデオパスの特徴

  • 月額562円で初回30日間の無料お試し期間ががある
  • 話題の映画・ドラマ・アニメが10,000本以上見放題
  • auユーザー以外の人でも利用が可能
  • 見放題作品以外にも有料レンタル作品があり、それは毎月貰える540円分のコインで無料でも見られる
  • 動画がダウンロードで楽しめる
  • 会員特典が豪華で映画館がお得に利用可能
基本プラン 見放題プラン
R-20見放題プラン
レンタル個別課金
コンテンツ数 10,000本以上(見放題プラン)
初回無料お試し期間 30日間

以上がauビデオパスの特徴となりますが、サービス内容は充実しており、

  • コスパにも優れている
  • auユーザー以外の人も利用できる

ということで、他の動画配信サービスと比較してもメリット面が非常に大きいサービスだといえます。

 

デメリットを強いてあげるなら、やはり配信本数に関しては課題が残る印象ですね。

ただ総合的に考えると、他の動画配信サービスでは見れない独占配信作品が多いという事と、1つのサービスで最新作から成人向けサービスまでカバーしているということを踏まえると、使い勝手は良いと思います。

auユーザーは、auの携帯支払いもできますので、その点の利便性も高いですね。

auユーザー以外の人はクレジットカードで支払いを行います。

 

あとは大手の通信会社『KDDI』が運営しているということで、今後さらにサービスやキャンペーンが向上する可能性には期待が持てます。

初回30日間は無料で試せることもありますので、気になっている人は一度お試ししてみて、継続するかどうか判断するのがおすすめです。

auビデオパスの評判

auビデオパスの評判について、実際に利用者の口コミを良い評価・悪い評価別にまとめてみたので、利用を検討している人は参考にしてみてください。

良い評価の口コミ

まずは良い評価の口コミ。

良い口コミとしては、

  • 月額562円は安い
  • 30日間の無料お試し期間や毎月無料でもらえる540円分のビデオコインがありがたい

といった声が目立ちましたね。

さらには、会員特典の映画観賞料金の割引も映画館で映画を楽しむ方には嬉しいといった声も。

これらはauビデオパス独自のポイントだと言えるでしょう。

悪い評価の口コミ

続いて、悪い評価の口コミ。

悪い口コミとしては、やはり動画の本数がやや少ないという声があがっています。

純粋にいろいろな作品を発掘して楽しみたいという場合には、他の動画配信サービスの方が向いている場合もあるかもしれません。

 

ちなみに、キャリアフリー化以前のauのユーザーのみしか利用できない時は、「au以外の人はどうすれば・・・」といったような声も上がっていました。

この点のデメリットが改善されたのは非常に大きいですね。

個人的な利用した感想と口コミ

実際に私自身がauビデオパスを利用してみた感想ですが、他の動画配信サービスも多数利用している身として比較した目線で口コミすると、

  • 月額562円は安いし、無料期間の30日間も十分な期間があってたっぷり試せる
  • ココでしか見れない見放題作品が多い
  • 540円分のコインが無料で毎月貰えるのもいい
  • auユーザー以外の人が利用できるようになったのはありがたすぎる

これらはやはりいい点だなと感じています。

 

ここでしか見れない作品があるというのは、それだけでも利用価値が生まれます。

詳しいラインナップは公式サイトで確認していただきたいのですが、個人的には、最新のドラマのほか、戦隊ものの特撮ヒーローシリーズ、仮面ライダーシリーズまで楽しんじゃいました!

 

逆にやや不満に感じる点が

  • ネット配信限定のオリジナル作品がない
  • 期限切れによる作品の入れ替わりが他と比べて結構多めかも

といったようなことを感じています。

なんにせよauユーザー以外の人もお試しできるようになったので、一度お試ししてみるのが吉ですね。

auビデオパスは初回30日間にわたって無料でお試しが可能

auビデオパスにはアダルト向けのプランもありますが、ほとんどの方が利用するのは、月額562円の見放題プランだと思います。

見放題プランには、初回30日間の無料お試し期間があります。

30日間の無料期間では見放題作品の10,000本以上の映画、ドラマ、アニメが見放題で楽しめるのはもちろん、レンタル作品に使える540円分のビデオコインが付与されるのでレンタル作品まで無料視聴が可能となっています。

 

無料お試しを利用するにあたって気になるのは、

無料期間のみ利用して、期間中に解約しても本当に料金はかからないのか?

ということだと思います。

この点に関しては、無料期間中に解約をすれば一切の料金はかかりません。

 

試してみて気に入ればそのまま継続、気に入らなければ無料のうちに解約すれば良いでしょう。

登録時に料金がかからないのはもちろん、解約料金などはないので、気になった方、利用を迷っている方は、安心して無料お試しを利用されてみてくださいね。

30日間の無料お試しは、下記公式サイトのキャンペーンページから利用することができます。

公式サイトauビデオパス

※紹介している作品の配信情報は記事更新日時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式サイトにてご確認ください。またFODプレミアムの1ヶ月無料お試しはAmazonPayによる登録に変更となりました。

大人気のビデオオンデマンド3選

FODプレミアム

月額料金888円(税抜)でフジテレビ独自作品が見放題

1ヶ月間の無料お試しが可能

ここでしか見れないフジテレビ最新作品の他、話題の人気作も多数配信

人気雑誌100誌以上が読み放題

FODプレミアムはフジテレビが運営する公式の動画配信サービス。

『コード・ブルー』『昼顔』など、ここでしか見られないフジテレビの最新ドラマやバラエティなど人気作はもちろん、フジテレビの地上波放送に先駆けて先行配信される作品が多数あります。

そしてフジテレビに限らず、映画『君の名は。』など話題を呼んだ人気ドラマ・映画・アニメなどもしっかりカバー。

1ヶ月間の初回無料お試しがあることから、見逃したドラマを一気に無料視聴することも可能となっています。

U-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXT

月額料金1990円(税抜)

31日間の無料お試しが可能

作品配信数は120,000本以上

電子書籍(漫画・雑誌)やアダルト作品も充実

U-NEXTは120,000本以上のコンテンツを配信し、新作の配信スタートも早いことが魅力の動画配信サービス。

特にアダルト動画や漫画や雑誌など電子書籍が楽しめることが、他のVODとは一線を画す特徴です。

また1つのアカウントで、最大4台の機器で同時視聴ができるので、4人家族で利用される方は1人の契約で全員が利用可能となります。

スマホ、PC、タブレット、テレビなど複数端末に対応しており、ダウンロード視聴もできます。

月額料金は1990円で、初回は31日間の無料お試しができます。

Hulu(フールー)

月額料金933円(税抜)で全ての作品が見放題

2週間(14日間)の無料お試しが可能

作品配信数は40,000本以上

海外ドラマ・映画の他、日テレ系のオリジナルコンテンツも充実

Huluは、月額933円(税抜)で映画、ドラマ、アニメ、バラエティなど全てのコンテンツが見放題の動画配信サービス。

他のVODでは、最新作など一部有料作品があり、視聴には個別課金が必要だったりしますが、その点、Hulu一切の追加料金はかからず、月額933円の定額で楽しみ尽くすことができます。

スマホ、PC、タブレット、テレビなど複数端末に対応しており、ダウンロード視聴も可能。

配信作品の特徴としては、アメリカで誕生したということから、海外ドラマや海外映画が充実しているのがポイント。

最近では国内コンテンツも充実しつつあり、日本テレビの子会社ということで、「続きはHuluで」のような日テレの番組と連動した動画などHuluでしか見られないオリジナルコンテンツも評判です。

月額料金は月額933円(税抜)で、初回は14日間の無料お試しができます。

-ビデオパス

Copyright© VOD-NOTE , 2018 All Rights Reserved.